本文へスキップします。

シニア

1980年

中高年の能力再開発を目的とした会員制の専門研究機関
「中高年能力開発研究機構」発足
「エルダーマネジメントセンター」設立

豊かな知識や経験を持つ中高年の活用を提案
当時の日本企業では「55歳定年」が一般的でした。日本が迎えるであろう高齢化社会の到来を見据え、"豊かな知識や経験を持つ中高年こそ企業はもっと活用すべき"と、業界初となる中高年専門の人材派遣会社「エルダーマネジメントセンター」を設立。
 
「中高年能力開発研究機構」が企業向け・中高年向けに勉強会やシンポジウムを 開催
1984年

日本初 セーフプレースメントを提唱
「ブライトキャリア」設立

アメリカで急成長したアウトプレースメント(転職コンサルティング)の手法を取り入れ、安全で失敗のないポジティブな「セーフプレースメント」を提唱、中高年の再就職のコンサルティングと斡旋を行う。再就職支援ビジネス業界の先駆的役割を果たす。
1993年

人材交流システム機構 (現 パソナキャリア)設立

人材の流動化を提唱
バブル崩壊後、多くの大企業が中高年のホワイトカラーに対しリストラを行う一方、中小企業では優秀な人材の不足が生じていた。このような雇用のミスマッチを解消し、雇用の安定を図るため"人材の流動化"を提唱。 この事業を通じて人材の最適化を目指し、大企業の「余裕人員」を中小企業へ流動させるという新しい雇用インフラを構築。
再就職の活動拠点となるキャリアインターンプラザを (東京・丸の内) に開設
1996年

60歳以上の高齢者を派遣する「パソナオールマスターズ」設立

1998年

中高年ホワイトカラーの"才能"を活用する新たな雇用インフラ
「才能バンク」事業開始

2002年

「人材ブリッジバンク」事業開始

業種や産業の枠を超えて大きく人材を流動させ、雇用のミスマッチの解決を図る「人材ブリッジバンク」事業スタート。関西の有力企業30社が参画し、「関西雇用創出機構」設立。2003年には関東の有力企業35社と「関東雇用創出機構」設立。
2005年

シニア向け福利厚生会員事業
日本版退職者同盟「NARP」設立

2007年

国家公務員の民間企業への転職・再就職をサポート
「ブレインズパートナー」開始

2008年

幅広い専門分野の技術者・研究者の新たな活躍の場
「ナレッジバンク」事業開始

ナレッジバンクでは、特許認定資格を持つ200名のメンバーが活躍
人材サービス会社として初めて特許庁登録調査機関として認定を受け、マスターズ人材が長年培った幅広い専門知識を活かして、特許審査をサポート。
2009年

ベテランの経験・人脈で、地方中小企業の
東京進出・販路拡大をサポート「ふるさと応援隊」事業開始

2011年

豊富な経験と専門知識で、民間企業の特許申請をサポート
「特許申請支援サービス」開始

 

定年退職者・中高年人材の「就労」と「能力開発」を支援
「日本雇用創出機構」事業開始

パソナグループのシニア就労支援事業を集約し、これまで企業で培ってきた豊富な経験・能力を活かして、年齢に関係なくいつまでも活躍し、日本経済を支える人材として社会に貢献できる環境を提供。
2013年

現役時代の経験・キャリアを活かす
「パソナ顧問ネットワーク」開始

2014年

経験豊富なベテラン人材を経営トップの相談役として紹介
「社外取締役紹介サービス」開始

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ
  • パソナグループビル