本文へスキップします。

シェアリングエコノミー推進による地方創生への取り組み ~地域の観光インバウンド産業振興に向けて~

2017年7月13日(木)13:00~15:00

10階セミナールームB  東京会場アクセスMAP

概要

【第1部】13:00~14:00
「シェアリングエコノミープラットフォームと連携した地方創生プロジェクト」

日本のシェアリングエコノミー市場や関連産業のトレンド、パソナがシェアリングサービスを展開する企業と連携して取り組む地方創生事業について、具体事例を交えながらお伝えします。
企業のシェアリング推進、地方創生、新規事業開発のご担当者様と共に、シェアリングエコノミーを活用した地方創生事業について共に考える1時間とできたらと思います。

【第2部】14:00~15:00
「外部人材とトライセクター連携による地域のオープンイノベーション ~岩手県釜石市の事例から~」

2015年に岩手県釜石市に設立したパソナ東北創生は、地域内外の人材還流を通して人材育成、地域のなりわい創造に取り組んでいます。
東日本大震災からの復興・地方創生の現場で起きているオープンイノベーションの取り組みや、その鍵を握るトライセクター連携についてお伝えすると共に、企業の人材育成、地方創生に携わる事業連携の可能性について考えていきます。

講師

加藤 遼
株式会社パソナ ソーシャルイノベーション部 副部長
株式会社地方創生 取締役事業開発室長
株式会社VISIT東北 取締役事業戦略本部長

パソナにて企業の人材採用・育成支援に従事した後、政府・自治体の雇用・労働政策や産業人材政策の企画・コンサルティングに携わる。
現在は、観光立国推進による地方創生やシェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造に従事。
シェアリングエコノミー協会との包括連携や、Airbnbなどのシェアリングエコノミー企業との連携など通じて、地域おもてなしホスト育成プログラムの企画、開発を先導。さらに政府・自治体と連携した地域住民向けのシェアリングワーク推進などに取り組む。

パソナとシェアリングエコノミー協会「地方創生実現に向けた包括的連携協定」締結
http://www.pasonagroup.co.jp/news/index112.html?itemid=2022&dispmid=798

パソナとAirbnbが業務提携
~ シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造と、就労機会の拡大 ~
http://www.pasonagroup.co.jp/news/tabid312.html?itemid=2157&dispmid=821


戸塚 絵梨子
株式会社パソナ東北創生 代表取締役社長

2009年にパソナに新卒で入社。東日本大震災後にボランティア休職制度を利用し、岩手県釜石市にて現地の社団法人の職員として勤務したのち、復職後、社内ベンチャーにてパソナ東北創生を設立。
東北地方と都市部の人材交流事業、なりわい・仕事の創造支援を行い、現在は釜石市とともに「ローカルベンチャー推進事業」を運営。
2019年ラグビーワールドカップの開催地でもある同市において、シェアリングエコノミーの推進や、観光・インバウンド産業の推進に携わる。

ページトップへ