本文へスキップします。

先輩に聞く

村田 祥隆

現在の所属:
株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー
人材紹介事業部 EMCグループ 営業担当

プロフィール

2011年パソナキャリアカンパニーに入社後リクルーティングアドバイザーに従事し、2年目に1年間パソナキャリアカンパニーの新卒採用を担当。
現在はメーカーを担当するリクルーティングアドバイザーとして活躍。

ご自身が携わっているサービスについて

「人材を必要とする企業」と「様々なキャリアや能力を持った優秀な人材」との橋渡しを行い、採用・転職の機会を提供しています。
新たに採用を考えている企業に対して、経営課題解決のために必要な人材の要件を定義し、的確な候補者の提案を行い、転職を希望する個人に対しては、「キャリアプラン」と「ライフプラン」を一緒に考え、ご自身が気づいていなかった新たな可能性を見出し、転職先の提案を行います。

求人開拓を行うリクルーティングアドバイザーは、さまざまな企業の採用のお手伝いをするなかで、各業界の専門知識や最先端のトレンドなど幅広く深く学び、その知識を元にさまざまな提案を行うことで、クライアントとの信頼関係が深まります。

やりがいを感じるとき

クライアントから採用パートナーとして必要とされた時です。お客様と営業担当といった距離のある関係でなく、一緒に課題を解決する採用パートナーとしてクライアントに必要とされた時にとてもやりがいを感じます。
「村田さんはどう思う?」「村田さんがそういうならそうしよう」「~したいんだけどどうすれば出来るかな?」この様な言葉をかけられる時、営業として責任感から一層気が引き締まります。

自分の意見を求められる=自分のできる仕事の幅が広がるということです。言われたことをやるだけでなく、自らどんどん提案していくスタイルの方が絶対に楽しいのです。そういった意味でもクライアントと本当の意味でパートナーとして仕事が出来るとき、一番のやりがいを感じます。