本文へスキップします。

先輩に聞く

瀧口 貴博

現在の所属:
株式会社ベネフィット・ワン
東日本営業部 法人第二グループ 法人第3チーム チーム長

プロフィール

2011年ベネフィット・ワン入社。1年目より東日本営業部にて福利厚生事業、既存顧客フォローの営業に携わり、3年目からは新規営業も担当。
また、2014年度はベネフィット・ワンの新入社員研修を担当する社内インストラクターや、若手役員会「第10期ベネフィット・ワン ジュニアボード」として活躍。
現在は、営業チーム長として、3名のメンバーを統括。

ご自身が携わっているサービスについて

ベネフィット・ワンが提供する、福利厚生アウトソーシングサービス「ベネフィット・ステーション」は、企業・官公庁・自治体等、現在5400団体以上にご利用いただいています。90万件ものサービスコンテンツがあるため、個々のあらゆるニーズにお応えできるのが大きな強みです。また、「従業員満足度の向上」「採用難」等、時代と共に変化する様々な企業の課題にも対応することができます。そのため、営業として、企業と従業員両方の「働く」を支えているという強みを実感しながら、自信を持って提案ができています。

やりがいを感じるとき

営業として、やはり受注の瞬間が一番やりがいを感じます。特に、自分が携わったからこそ受注に繋がった案件は、印象に残っています。当社のある既存のお客様が合併を機に、福利厚生の見直しを行うこととなりました。合併する1社がすでに別のアウトソーサーのサービスを利用していたこともあり、当社にとって不利な状況でしたが、
チーム全体・そして会社全体を巻き込んで、お客様との信頼関係を築くことに注力しました。「ベネフィット・ワンさんに決めます」という言葉をいただいた取引先を今も鮮明に覚えています。チーム長になった今、同じような想いをチーム員にもさせてあげたいと強く思っています。チーム員それぞれの個性を認めて、それを最大限に活かしていけるようなチーム長になっていきたいですね。私は「会社に欠かせない人材になりたい」という目標があります。そのために、日々自分自身の個性を発揮し、これから活躍する若い仲間に新しいキャリアモデルとして見せられるように挑戦し続けたいです。