本文へスキップします。

Pasona Group Corporate Governance

パソナグループでは、コーポレート・ガバナンスの強化を推進し、遵法精神と高い倫理観に基づいたマネジメントを常に意識し実行しています。また業界のリーディングカンパニーとして、コンプライアンスの重視、情報管理体制の構築などに積極的に取り組んでいます。

取締役会の監査・監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスを充実させるとともに、取締役への権限委譲により迅速な意思決定を行い、経営の効率性を高めるため「監査等委員会設置会社」として取締役の職務執行の監査等を担う監査等委員を取締役会の構成員としています。

また、各界における有識者から構成されるアドバイザリーボードを設置、経営に関するさまざまな問題に対し、多様な視点から助言支援する体制を整え、コーポレート・ガバナンスの強化ならびに企業価値の向上を図ります。

さらに、パソナグループ全体のコンプライアンス体制構築の一環として「コンプライアンス委員会」を設置しているほか、内部通報窓口「パソナ・コンプライアンス・ホットライン」を設置し、運用しています。

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ