本文へスキップします。

外国人学生「採用時に見極めるべきポイント」と「理系日本語人材の獲得方法」

2018年7月24日(火) 10:00~11:00

2F セミナー会場C  大阪会場アクセスMAP

概要

これまで外国人学生採用の多くは日本にいる留学生を対象に行われてきました。一方、海外現地へ出向く、または日本へ呼び寄せるなどの方法で、現地の大学生を対象にしたサービスも増えており、これらを活用した現地外国人学生の採用も手段として検討できる環境が整ってきました。
そこで今回は「国内の外国人留学生」と「現地の外国人学生」の違いはどこにあるのか。現地の大学生を採用する場合にはどのような視点や基準で選考を進めるべきかといった点を、この6年に亘り現地大学生約500名の日本での就職活動に関わり、50社以上のグローバル採用を支援してきた、株式会社ASIA to JAPAN副社長の赤羽根大輔氏に分かり易く説明していただきます。更に同社とパソナとで共同開催する理系×日本語人材採用ソリューションも併せてご紹介いたします。

  • 外国籍採用を検討中のクライアント
  • ダイバーシティ・グローバル推進をお考えのクライアント

講師

赤羽根 大輔 氏
株式会社ASIA to JAPAN 取締役副社長

1999年、株式会社キャリアデザインセンター入社。営業部長、キャリア情報誌「type」編集長を経て、2006年より新卒事業の責任者に。2007年、情報誌「就活type」を創刊。「就活typeプレミアムイベント」を開催するなどし就職市場にハイエンド就職サービス定着のきっかけをつくる。2013年、株式会社日経HR(日本経済新聞社100%出資)へ入社。アジア9か国50大学を対象にした、日本就職プログラムの立ち上げに参画。グローバル人材採用をテーマに50社以上の外国人学生採用を支援する。
現地大学生の日本就職の可能性をより広げたい、入社後の定着、活躍までを視野に入れた事業を展開したいとの想いでASIA to JAPANを設立。取締役副社長に就任。

ページトップへ