本文へスキップします。

シニア人材活性化に向けた課題解決~人生100年時代を喜べる企業に必要なこととは~

2018年7月24日(火) 11:00~12:30

10F セミナールームB 東京会場アクセスMAP

概要

人生100年時代の到来による、定年年齢・年金受給年齢の引き上げ、再雇用制度の構築や、シニア人材の有効活用による社内活性化など、企業に求められている課題は多岐に渡ります。
このような環境の中、企業が今から起こすべきアクションと、その為に必要な準備すべき事について、ベストセラー『定年後』で著名な楠木新先生がわかりやすく解説いたします。

自社のシニア人材の有効活用や、効果的な制度開発にお悩みの経営者、人事担当者のみなさま。

講師

楠木 新 氏
1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。
人事・労務関係をはじめ総合企画、支社長などを経験。
勤務のかたわら、「働く意味」「個人と組織」をテーマに取材を続け、執筆、大学の非常勤講師、講演などに取り組む。
朝日新聞be(土曜版)キャリア欄で「こころの定年」を1年余り連載。
MBA(大阪府立大学大学院)、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、関西大学商学部非常勤講師(「会社学」)(~’11年)
著作:『定年後 ~50歳からの生き方、終わり方』、『定年準備-人生後半戦の助走と実践』など多数執筆

ページトップへ