本文へスキップします。

環境への取り組み

「環境に配慮するパソナグループ」を目指し、2005年「環境委員会」を設置。年4回委員会を開催し、パソナグループの地球環境保全活動を企画・検証し、社会貢献委員とともに全社のエコ活動に取り組んでいます。将来を担う次の世代に健全で美しい地球を残すため、あらゆる場面で限りある資源を大切にし、企業活動を通して地球環境保全に努めるとともに、社員の働く環境整備にも尽力しています。

エコRUNグランプリ 2006年~

社用車を順次エコカーに切り替え、エコカー導入率は82%を達成。自動車の排気ガスを削減し、環境にやさしいエコドライブを実施。毎年、全グループ会社で行っている営業車燃費向上キャンペーン「エコRUNグランプリ」は開始以来10年間で42%燃費が向上しています。

気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参画

地球温暖化対策のため、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術をみんなで楽しく共有し発信する、環境省の気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参画。「エコRUNグランプリ」の実施をはじめ、照明や冷暖房、電子機器などの消費電力を削減しています。

エコキャップ回収運動 2007年~


エコキャップ 594kg 回収
ポリオワクチン 297人分に交換

パソナグループ社員、スタッフ、そしてクライアント企業にご協力いただき、パソナグループ全社で回収されたエコキャップをアフリカ諸国の子ども達のポリオワクチンに交換。

環境に配慮したオフィス

松山オペレーションセンター エコオフィスシステムの導入

ベネフィット・ワン 松山オペレーションセンターでは、太陽光発電やオフィス全体の温度差を解消し、社員の健康を守る「ハイブリットファン」を導入。また空調自動制御システムで需要電力を監視することで使用電力を5.3%削減し、環境に優しいオフィス作りに取り組んでいます。

ワインアカデミー 青山オフィス「グリーン電力証書システム」取得

キャプラン株式会社 ワインアカデミー青山オフィスでは、日本自然エネルギー株式会社の発行する「グリーン電力証書」を活用し、キャプラン ワインアカデミー 青山オフィスで使用する電力の50%を自然エネルギー発電に切り替えました。SDGs(Sustainable Development Goals)に掲げられる「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」という目標に対して地球温暖化対策をはじめとした環境保全活動を実施しています。

ページトップへ