Skip to main content

News&Topics

CSR

2013.04.18

パソナ 車いすテニス大会で障害者と健常者の“心の架け橋”を作る
『第19回エンジェルテニスカップ』4月20日(土)開催
セラピードッグによる参加者への“癒し”も提供

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、 www.pasonagroup.co.jp)は、テニスを通じて障害者と健常者の相互理解を深める車いすテニス大会『第19回エンジェルテニスカップ』を4月20日(土)に開催いたします。
パソナグループは「社会の問題点を解決する」という創業以来変わらぬ企業理念のもと、人々の心豊かな生活を創造するため、新たな社会インフラを構築すると共に、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
1993年に若手社員の提案からはじまった車いすテニス大会「エンジェルテニスカップ」は、今回で19回目を迎え、毎年約200名の社員やエキスパートスタッフ(派遣スタッフ)、クライアント企業の方が、選手やボランティアスタッフとして参加しています。


▲昨年の大会の様子

大会では障害者と健常者がペアになってダブルスを組み、チーム対抗戦を行うほか、ボランティアスタッフを含めた全員が参加するアトラクションを行うなど、交流の輪を広げる企画を実施いたします。
また、今回はNPO法人日本アニマルセラピー協会の協力のもと、人に触れられる訓練を受けた「セラピードッグ」と触れ合うコーナーも設置し、アニマルセラピーの取り組みを知ってもらう機会を設けると共に、参加者に癒しを提供いたします。

パソナグループは、スポーツを通じて障害者と健常者の交流を深め、障害者スポーツの普及および発展に貢献してまいります。


『第19回エンジェルテニスカップ』大会概要

日時 2013年4月20日(土)9:00~18:00
場所 大井ふ頭中央海浜公園(東京モノレール大井競馬場駅 徒歩10分) 
内容 ・障害者と健常者ペアによるダブルス
・ボランティアも含め全員参加のアトラクション
・障害者アーティストが手掛けたエコグッズの販売
・セラピードッグとの触れ合いコーナー
参加人数 選手72名(障害者36名、健常者36名)、ボランティア約100名
主催 エンジェルテニスカップ実行委員会(パソナグループ社員有志により構成)
協力 東京車いすテニス協会、東京都障害者スポーツ協会、日本アニマルセラピー協会


報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる