Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2008.06.20

団塊世代の経験を活かす! 第一次産業の経営に変革をもたらす
『農林漁業ビジネス経営塾』開催のお知らせ
~全国にて実施 6月24日(火)は宮城県にて開催~

総合人材サービスを展開する株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、団塊世代・中高年の雇用創出と第一次産業の経営発展を目的とした『農林漁業ビジネス経営塾』を、6月から全国にて本格的にスタートいたしました。この事業は農林水産省の補助事業「人生二毛作の実現に向けた他産業従事者による農林漁業経営体発展支援研修事業」の一環として実施してまいります。

パソナでは2007年10月から2008年3月までの間、『農林漁業ビジネス経営塾』として全国の約3000の農林漁業経営体に対し、中高年層・団塊世代の他産業経験者が講師を務め、異業種で培ってきたアイデアや経験を伝える『個別相談』『研修』『セミナー』を全47都道府県にて実施してまいりました。

本年度は経営体のニーズに更に決め細やかに対応するため、講師の登録を現在の約2倍にし、個別相談を充実させることで “第一次産業の経営発展”と“団塊の世代等の雇用創出”を促進してまいります。この「塾」が農業事業者向けの“異業種交流会”となり、「参加者」「講師」の方々にとって、互いの新しい事業展開のヒントを発見するきっかけとなれば幸いです。

また、宮城県内での開催となる今回は農業従事者約80名に対して、元大手食品会社商品開発部門経験者が講師となり、品質管理やクレーム対応等の自社基準を作るための方法や、商品開発やマーケティングの手法・考え方を伝授する「食の安心・安全となめこの特性を活かした商品開発」を6月24日(火)に開催いたします。


『農林漁業ビジネス経営塾in仙台』詳細

日時 6月24日(火) 14:45~17:30
場所 松島一の坊(宮城県宮城郡松島町高城字浜1-4)
参加者 全日本空調なめこ研究会 80名
講師 元大手食品会社 商品開発部門経験者
内容 1.『食の安心・安全となめこの特性を活かした商品開発』(14:45~15:45)
2.意見交換会(15:45~17:30)
※当日は全日本空調なめこ研究会栽培研修会プログラムの一部として開催します

実施背景

パソナグループは2003年より“農業分野”での雇用創出を目指し、他産業から農業分野に人材を流動化させる新しい仕組みづくりを行ってまいりました。
現在、日本の第一次産業の現場では高齢化、後継者不足だけではなく、安全に配慮した生産体制や競争力の強化など、様々な課題が見られます。そのため、事業の更なる発展を進めるには既存の経営手法だけではなく、他産業のアイデアやより企業経営に近い感覚で経営をしていくことが求められています。
そこでパソナでは農林漁業経営体に対し、中高年層・団塊世代の他産業経験者が講師を務めることで、異業種で培ってきたアイデアや経験を農村漁業の経営者などに伝授する専門的な『セミナー』『個別相談』『研修』を実施し、第1次産業の経営発展をサポートする『農林漁業ビジネス経営塾』を2007年10月から2008年3月までの間、農林水産省の補助事業として実施してまいりました。
本年度も農林水産省の補助事業の一環として実施し、更なる“第一次産業の経営発展”と“団塊の世代等の雇用創出”を促進してまいります。


『農林漁業ビジネス経営塾』詳細

対象者 農林漁業経営体(農業生産法人、林業事業体、漁業組合など)
講師 ビジネスや企業経験者など知識・経験豊富な団塊の世代や中高年層
目的 「団塊世代の雇用創出」と「農林漁業経営体の経営サポート支援」
内容
1.『セミナー』
農林漁業経営体に行ったアンケート調査で集計した希望テーマをもとに講義を実施(資金調達・販路開拓など)
2.『個別相談』
希望者にカウンセリングを行い、課題・問題点を洗い出す
3.『研修』
個別相談をもとに専門的な講義や、現場に直接訪問して課題や問題点をテーマにアドバイスを実施
場所 全国にて開催(参加費無料)
問合わせ 株式会社パソナグループ 農業プロジェクトチーム
TEL 03-6734-1070

【参考資料】パソナグループ「農業分野の雇用創出の歩み」

  取り組み 場所
2003年 農業研修「農業インターンプロジェクト2003」 秋田県
2004年 農業研修「農業インターンプロジェクト2004」 秋田県
2005年 就農支援施設「PASONA O2」オープン 東京都 本社地下2階
農業研修「農業インターンプロジェクト2005」 秋田県、青森県、
和歌山県
2006年 PASONA O2にて稲刈りイベント開催 東京都 本社地下2階
農業研修「農業インターンプロジェクト2006」 秋田県、青森県、
和歌山県
大分県と就農支援事業にて提携 大分県
農林漁業金融公庫と提携  
セカンドライフの「暮らし」と「仕事」大学 青森県
セカンドライフ 農村体験ツアーin岡山 岡山県
PASONA O2にて収穫祭 東京都 本社地下2階
2007年 Agri-MBA 農業ビジネススクール“農援隊”開校 東京都
農業研修「農業インターンプロジェクト2007」 青森県、 和歌山県
2008年 第2期Agri-MBA 農業ビジネススクール“農援隊”開校 東京都
農業研修「農業インターンプロジェクト2008」 青森県

(1) 農業インターンプロジェクト(2003年スタート)
農業分野で活躍したいと考えている若年層や社会人経験者を対象にした農業研修。当プロジェクトは、これまで100名以上が参加され、今年度も就農意欲のある若者が青森県や和歌山県で実地研修に参加しました。

(2) PASONA O2(2005年2月スタート)
より多くの方に農業に興味を持ってもらうため、大手町本社地下2階にオープンした就農支援施設。農業を全く知らない都会の方々や農業関係者、家族での見学などこれまで5万人以上の見学者が訪れ、人工光や水耕栽培など農業の新しい技術を知ると同時に、様々なイベントで農業の楽しさを体験いただいています。

(3) Agri-MBA農業ビジネススクール(2007年4月スタート)
ビジネススキル豊かな中高年人材を中心に“農業経営”を学んでもらい、卒業後、農業法人、地方自治体の農業経営のサポートができる人材を育てることを目的に開講。このスクールは、中高年の経験豊富なビジネススキルを農業分野へ還流させることで、農業を通じて地域復興および、退職後の中高年の新たな雇用創出を目指します。

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる