Skip to main content

News&Topics

HR・就労支援

2015.03.02

適職診断・カウンセリング・研修で、仕事の可能性を広げる
パソナ『職種志向拡大就職支援事業』3月より募集開始

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤 司、www.pasona.co.jp)は、大阪府で新たな仕事にチャレンジしたい女性求職者を対象に、適職診断・キャリアカウンセリング・研修により仕事の視野を広げ、就職を支援する『職種志向拡大就職支援事業~新しい自分発見プロジェクト~』の参加者募集を、3月2日(月)より開始いたします。

失業者が希望する職種として「事務職」が多いものの、事務職の求人倍率は低いため、市場ニーズとのギャップにより安定した仕事に就けない女性が多数存在しています。一方で、「専門・技術職」「サービス職」「販売職」等への企業の人材ニーズは高く、求職者との間でミスマッチが起こっています。

そこでこの度、パソナは大阪府から『職種志向拡大就職支援事業』を受託し、新たな仕事にチャレンジしたい女性求職者を対象に、他職種への第一歩を踏み出すための「イベント・セミナー」を開催し、適職診断とキャリアカウンセリングにより仕事の視野を広げ、「職種別研修プログラム」と「企業での職場実習」を通じ、女性の就労を支援してまいります。

パソナは当事業を通じて、女性が能力を活かし自信を持って長期的に働き続けることができる「しごと力」を育成し、女性の就業率を底上げすると共に、大阪経済の更なる成長に寄与してまいります。


パソナ『職種志向拡大就職支援事業~新しい自分発見プロジェクト~』概要

実施期間 2015年2月2日~2016年1月31日
対象 新たな仕事にチャレンジしたい女性求職者
内容
1.「適職診断・キャリアカウンセリング」
職業の全体像と自分の適性の一致点を見える化できる適職診断と、一人ひとりの課題に寄り添ったキャリアカウンセリングにより、自分に合った職業を見つめ直す
2.「イベント・セミナー」
女性が他職種への第一歩を踏み出すきっかけとなる多様なセミナーを実施
3.「職種別研修プログラム(約1週間)」
「ものづくり系」「営業・販売職」「IT系」「グローバル、総務・人事・経理系」など、職種別に求められる知識と実務経験を身に付ける
4.「企業での職場実習(約1~2ヶ月)」
希望する職種で、実際に企業での職場実習(紹介予定派遣)を行い就職に結びつける ※企業と本人の合意が必要
特徴
・一人ひとりの課題に寄り添ったキャリアカウンセリングと、客観的な適職診断をもとに職種別研修プログラムを案内。職種志向の拡大を喚起
・企業での職場実習期間中は、パソナの担当者が実習先企業を定期的に訪問する等、円滑な研修実施のためのフォローアップを実施
募集人数 1,000名程度
問合せ先 パソナ 新しい自分発見プロジェクト事務局
電話番号 06-4708-8955
備考 当事業は女性就労支援で数々の実績を持つパソナと、IT分野に特化した人材育成・就労支援に強みを持つパソナテック、ものづくり企業と人材の新しい出会いを創出してきた創機システムズの共同企業体(大阪府新しい自分発見プロジェクト共同企業体)が大阪府商工労働部雇用推進室就業促進課より受託し実施



報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる