Skip to main content

News&Topics

ライフ・ヘルスケア

2018.02.21

株式会社パソナグループ/株式会社パソナ
「健康経営優良法人2018」に認定

株式会社パソナグループ(東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部 靖之)と株式会社パソナ(東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)は、経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」において、特に優良な健康経営を実践している企業として認定を受けましたのでお知らせします。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。


当社では、社員一人ひとりが健康で活き活きと働き、ソーシャル・ワーク・ライフバランスを実践できるよう、『パソナグループ ヘルスケア プログラム』を導入しております。オフィスの緑化や有給推奨日の制定など健康環境の整備はもとより、社員のヘルスリテラシー向上のために産業医からの情報発信、メンタルヘルス研修や意識調査等、社員一人ひとりにあった健康サポートの推進を目的に総合的なプログラムを推進しています。

今後も、社員のみならず、働く人々が健康意識を高め、心身ともに活き活きと活躍できる社会を目指し、さらなる健康サポートの整備に取り組んでまいります。

当社の健康経営に対する主な取り組み

1.マイケアデイの設置
年 1 回の健康診断受診日を「マイケアデイ」とし、1日通常勤務から離れ、心身ともにリフレッシュする日を設けることで、自己の健康管理に努めるとともに、健康で活力あふれる一人ひとりを目指す。

2.ワークライフファシリテーターの設置
社員のキャリアや仕事、家庭、介護や育児との両立等、社員やその家族の健康に関わるあらゆる相談の窓口として「ワークライフファシリテーター」を設置。社員ひとり一人に寄り添い、アドバイスするサポート体制を整えている。

3.運動会競技による祭典『UNDOKAI World Cup』を開催
地方創生と健康社会の実現を目指し、兵庫県淡路島(国営明石海峡公園)で2016年より「運動会」競技による祭典『UNDOKAI World Cup』を開催。2017年は11月2日から5日まで開催し、大玉転がしや玉入れ、バブルサッカーなどの競技に、全国から集まった社員はもちろん、地域内外の子供からシニアまで延べ5万7千人の方々が参加した。


4.「運動・食事・プログラム」による、健康増進への取り組み『 @Health + Care 』 
社員の健康増進を図ることを目的に、仕事の合間にスーツのままで利用できるトレーニングジムやスタジオレッスン等の「運動支援」をはじめ、社員食堂等で管理栄養士が監修した「ヘルシーメニューの提供」、健康診断C判定者を対象にした短期集中の「健康増進プログラムの提供」など、社員一人ひとりが、より一層健康でイキイキと働ける環境づくりを推進する取り組み『@Hearth+Care』を実施。

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる