Skip to main content

News&Topics

CSR

2009.04.17

“障害を持つ子供の親の会" と協力し、地域に根ざした障害者雇用を実現
パソナグループ 『アート村工房・流山』 を千葉県流山市に開設

総合人材サービスを手掛ける(株)パソナグループの特例子会社 株式会社パソナハートフル(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 深澤 旬子)は、千葉県立特別支援学校 流山高等学園に通う、障害者の親の会「KOYOクラブ」の協力を得て、「アート村工房・流山」を4月27日(月)に開設いたします。
「アート村工房・流山」では、障害者雇用の促進を目的に、アート商品の企画・制作・販売を業務として行ってまいります。

アート村工房・流山では、流山高等学園で縫製などの職業訓練を受けた、軽度・中度の知的障害者の方々2名の採用からスタートし、追って10名程度まで雇用を拡大してまいります。パソナハートフルは、2006年に学校法人武蔵野東学園(東京都武蔵野市)の協力を得て、武蔵野東小学校内に障害者17名が勤務する「アート村工房」第1号を開設したのに続き、今回、第2号となる「アート村工房・流山」を開設することにより、パソナハートフルのアート商品分野における売上を現在の1.5倍にまで伸ばしていく予定です。

パソナグループでは、1992年より“才能に障害はない"をコンセプトに、障害者の芸術活動による能力開発・就労分野の拡大を目的とした『アート村プロジェクト』に取り組んでまいりました。プロジェクトでは、“アート"を通じて障害者の社会参加や自立を支援する様々な活動を行っており、これまで150名以上の“アート村アーティスト"を育成しています。

パソナハートフルは、障害者一人ひとりが才能を活かして働ける“雇用インフラの構築"を目指し、“オフィス業務"はもちろん、“アート"、“農業"、“パン・菓子製造"など、個々人が持つ才能・能力に応じて働くことのできる職域開拓を行っています。
今後も、地域における障害者雇用をさらに促進するとともに、特別支援学校や社会福祉法人、地域との協力・連携を強化し、“地域に根ざした"障害者の雇用創造に取り組んでまいります。


『アート村工房・流山』 概要

開始日 2009年4月27日(月)
左:「アート村工房(武蔵野市)」での制作活動の様子
右:「アート村工房・流山」では主に、「マイ箸袋」などの 縫製業務を行う予定です
場所 千葉県立特別支援学校
流山高等学園
親の会KOYOクラブ内
(千葉県流山市野々下2-652-1)
従業員 4名(以下内訳)
・流山学園出身の知的障害者 2名
・パソナハートフル社員 2名
業務 アート村オリジナル商品の製作

【参考資料】千葉県立特別支援学校流山高等学園 概要 (2009年4月現在)

軽度の知的障害者を対象とする高等部のみの特別支援学校で、今年度で開校13年目を迎える。職業に関する3つの学科・7コースを設置し、生徒一人ひとりが働く意欲と自信を身に付け、社会自立・職業自立を果たすことを目指している。
これまで442名の卒業生を送り出し、卒業時の就職率は97.5%、就労率約89%と、高い就労実績を残している。志願者の数が年々増えていることから、2010年度より1学年120名の定員を予定しており、現在、卒業生の新たな雇用の場の開拓に積極的に取り組んでいる。
創立 1997年4月
所在地 千葉県流山市野々下2-496-1
校長 加藤 哲
在校生 140名
職業学科 園芸技術科(農業コース、園芸コース)
工業技術科(木工コース、窯業コース、成型コース)
生活技術科(縫製コース、手芸コース)

【参考資料】千葉県立特別支援学校流山高等学園 親の会KOYOクラブ 概要

県立養護学校流山高等学園(現特別支援学校流山高等学園)1期生、2期生の保護者を中心に、卒業後の生活上の様々な不安や万一の離職などに対して、これらを保護者自らお互いに助け合い、克服していくための組織として設立された。
現在は「障害者の福祉の向上と余暇支援」を目的として、離職時の再就労支援・生活自立支援のほか、同校卒業生を中心とした各種サークル活動や懇親会・小旅行などのレクリエーション活動の充実にも注力している。また、クラブハウス近隣の公園清掃活動など地域との交流にも取り組んでいる。
設立 2000年
所在地 千葉県流山市野々下2-652-1
会長 谷口 健志
会員数 252名(在校生/55名、卒業生/197名) ※2008年4月3日現在
活動内容 ・離職者の短期就労受け入れと関係機関との連携による再就職支援
・生活や就労に関する会員からの相談対応や勉強会などの啓発活動
・レクリエーションの企画運営・各種サークル(サッカー・音楽等)活動支援
・手芸・工芸品の製作と販売、地域との交流

【会社概要】

株式会社パソナハートフル
パソナグループの特例子会社で、障害者一人ひとりが才能を活かして働ける“雇用インフラの構築"を目指し、“オフィス業務"はもちろん、“アート"、“農業"、“パン・菓子製造"など、個々人が持つ才能・能力に応じて働くことのできる職域開拓を行い、障害者の雇用促進、社会参加、能力開発を支援している。
設立 2003年4月1日
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
代表者 深澤 旬子
社員数 160名
事業概要 各種オフィス業務 、障害者アーティストによるアート商品の企画・制作・販売 、パン/菓子製造・社内販売 、無農薬野菜/ハーブの栽培・社内販売、産業マッサージ業務 、障害者の教育研修業務の請負、 障害者雇用に関する企業向けコンサルティング 等
URL https://www.pasonagroup.co.jp/heartful/

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる