Skip to main content

News&Topics

HR・就労支援

2011.05.02

パソナグループ 大阪で被災者70名の就職支援
『震災被災者JOBフェニックス事業』開始

パソナグループは、東日本大震災等で被災した失業者(以下、被災失業者)を対象に大阪府内の民間企業での実務研修等を実施し、就職を支援する『震災被災者JOBフェニックス事業』を5月から開始いたします。

東日本大震災で被災した地域では、事業所の倒壊等により失業を余儀なくされた被災者が多く、職場が再建され再就職するまでには長い時間がかかることが予想されます。また、福島第一原子力発電所の事故による計画的避難地域の住民の方は、長期間帰郷できない可能性があり、避難先での就業を通じた生活基盤の確立が課題となっています。
パソナグループでは震災後、被災された方々の就労を支援するため、「震災ワークレスキュー」を発足し、被災地域ならびに避難地域での就労支援を行ってまいりました。また、仕事だけではなく、健康や生活全般に関する電話相談窓口も設置し、被災された方々が一日も早く生活を再建できるよう支援しております。

そしてこの度、パソナグループは『震災被災者JOBフェニックス事業』を大阪府より受託し、5月から事業を開始いたします。当事業では、大阪府内の民間企業において実務研修等を実施し、震災復興のための被災地域の産業ニーズや移住先の産業ニーズに即した人材を育成すると共に、被災失業者の就職を支援してまいります。また、当事業に参加する方のコミュニティを構築するほか、専門家等に相談できる環境を整えることで、生活の再建を支援してまいります。

パソナグループは当事業を通じて、被災地の復興や移住先の地域産業に貢献する人材を育成し、被災者が"働くこと"による生きがいや人生への励みを感じ、穏やかな生活を再建できるよう支援してまいります。


『震災被災者JOBフェニックス事業』概要

目的 震災復興のための地域の産業ニーズや移住先の産業ニーズに応じた人材育成を行い、被災失業者の就職を支援する
期間 2011年5月~2012年3月
対象 東日本大震災等の被災地域(※)に居住または就業していた求職中の方
※災害救助法の適用地域、または原子力災害対策特別措置法に基づく計画的避難地域
募集人数 70名
内容
(1) 事業説明会
(大阪のほか盛岡、仙台、福島などの被災地域の拠点での事業説明会)
(2) 個別面談
(専門のカウンセラーが仕事の希望やキャリアプラン等をヒアリング)
(3) 実務研修先決定
(事前に職場見学を行い、研修先企業とマッチング)
(4) 就業前研修
(ビジネスマナー、PCスキル等の研修)
(5) 実務研修
(大阪府内の民間企業での実務研修)
特徴 <雇用支援>
・ パソナが被災失業者を一定期間雇用し、規定に応じた給与を支給
・ 被災失業者に対する個別のキャリアカウンセリングや就職支援を実施するほか、定期的に就職情報を提供
・ パソナの専任担当者が定期的に実務研修先企業を訪問し、被災者が安心して就業できるようフォローアップ
<生活支援>
・ 大阪府営住宅等を無償で提供
・ 被災者交流会「絆」を定期的に開催するほか、仕事相談・研修・余暇の充実をサポートする「陽だまりサロン」をパソナ・大阪(大阪市北区)内に設置し、被災失業者同士のコミュニティを構築
・ 健康、生活、メンタルヘルスなど様々な悩み事に専門家が回答する24時間対応の相談窓口を設置し、被災失業者とその家族の生活を支援
問合せ先 パソナグループ『震災被災者JOBフェニックス事業』事務局
電話番号 06-6292-8177
その他 本事業はパソナグループ共同企業体(株式会社パソナ、株式会社パソナソーシング、株式会社関西雇用創出機構で構成)が、大阪府から受託し実施いたします

【参考】東日本大震災 パソナグループ「震災ワークレスキュー」

パソナグループでは、この度の震災被害にあわれた方々の就労を支援するため、「震災ワーク
レスキュー」を発足し、被災地域ならびに避難地域での就労支援を行っています。

・ 震災ワークレスキュー本部
電話番号 0120-837-858
・ 生活全般に関する相談窓口「セーフティネット相談センター」
電話番号 0120-875-647
・ 健康に関する相談窓口「パソナメディカルケアサービス」
電話番号 0120-837-170

 

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる