Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2011.04.13

4月18日『COCOCALA村(ココカラ村)』入社式
パソナグループ 兵庫県淡路島で"芸術"と"農業"による若者の人材育成

株式会社パソナグループ (本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、https://www.pasonagroup.co.jp/)は、兵庫県淡路島で音楽家などの芸術家がプロのアーティストとして自立を目指しながら、農業の識も身につける新しい兼業スタイルで若者を育成する『COCOCALA村(ココカラ村)』の入社式を、4月18日(月)に淡路市立アソンブレホールにて開催いたします。

『COCOCALA村』では、アート(芸術)と農業・地域産業を結びつけ、地域活性化を図ることができる人材を育成することを目的に、音楽家などの芸術家やプロデューサー等を目指す若者を対象に、社会人として必要なビジネス基礎を学ぶ研修のほか、芸術家に必要なマネジメントスキルや企画力等を習得するため、プロの芸術家による研修講座などを実施してまいります。また、農業の基礎知識を身につける農業研修を実施することで、 "芸術活動"と"農業"による新しい兼業スタイルを提案してまいります。

4月18日の入社式では、4月からCOCOCALA村のメンバーとして入社する若者のほか、パソナグループ 代表取締役グループ代表 南部靖之や自治体関係者が出席し、参加者に激励のメッセージを贈るほか、辞令交付などを行います。


『COCOCALA村(ココカラ村)』入社式 概要

日時 2011年4月18日(月) 12:00~14:00
場所 淡路市立アソンブレホール (兵庫県淡路市岩屋2942-17)
対象 『COCOCALA村』に参加する芸術家や若者など
内容
・参加者への辞令交付
・関係者挨拶 パソナグループグループ代表 南部靖之
・来賓挨拶( 門 康彦 淡路市長、兵庫県関係者など)
※式典終了後、14時からは以下の内容を予定しています
・参加者と来賓の方々との懇親会
・2008年よりパソナグループが取り組んでいる農業ベンチャー支援制度
『パソナチャレンジファームin淡路』メンバーによるプロジェクト説明
・入社手続き、淡路島内見学などのオリエンテーション
問合せ先 株式会社パソナグループ COCOCALA村プロジェクト
電話番号 03-6734-1070

【参考1】『COCOCALA村(ココカラ村)』概要

目的 若者の多様な価値観に合わせた働き方や就労を支援し、農業と芸術活動等を通じて地域活性化を促す人材を育成する
就業場所 兵庫県淡路島及び大阪市内
対象者 農作業と各自の芸術活動や起業で地域活性化を目指す若者
・音楽 (演奏、作曲、音響などジャンル問わず)
・演劇 (役者、演出、脚本、舞台芸術、映像など)
・美術 (画家、彫刻、陶芸、写真、デザイン、ファッションなど)
・舞踊 (クラシック、ジャズ、タップ、モダン、コンテンポラリーなど)
※一般大学卒業者も対象
募集人数 合計200名
内容 農作業を行いながら、それぞれのやりたい活動で起業に挑戦する
「ビジネスカレッジ」 (社会人として必要な基礎研修)
「アグリカレッジ」 (新規就農に必要な基礎研修やOJT研修)
「アートマネジメントカレッジ」 (芸術家に必要な企画力やマネジメントスキルの習得)
就業期間 2011年4月以降 (1年間)(募集は2011年3月から)
処遇 月10万円 (実労働時間 28.5h/週)
(社会保険、寮完備、交通費支給、各種福利厚生)
問合わせ 株式会社パソナグループ COCOCALA村プロジェクト
電話番号 03-6734-1070
メールアドレス cococala@pasonagroup.co.jp
URL https://www.pasonagroup.co.jp/cococala/

【参考2】「パソナチャレンジファーム」について

本格的に就農、農業分野で起業したい人材を支援する農業ベンチャー支援制度。
栽培技術だけではなく、実際の農業経営を学び、就農希望者一人ひとりが持つ得意分野を生かした独立就農者の育成及び農業関連会社の立ち上げを支援していく。
2008年10月より第一弾が兵庫県淡路島にてスタートし、2011年2月からは栃木県芳賀町でもプロジェクトを実施している。

 


報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる