Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2012.05.07

「農業魂プロジェクト」「マルシェコーディネーター育成事業」
パソナ、青森県で農業関連人材を育成
本日 5月7日(月)から随時、26名が研修をスタート

株式会社パソナ (本社:東京都千代田区、代表取締役会長CEO 南部靖之、www.pasona.co.jp) は、青森県で農業経営に関する知識を習得した新規就農人材を育成する『農業魂プロジェクト』を5月7日(月)から、また、地域活性に必要なマネジメントスキルを身に付けた人材を育成する『マルシェコーディネーター育成事業』を5月9日(水)から開始いたします。

青森県では、農業生産者の高齢化や後継者不足のほか、地域産品の情報発信・販売強化が課題となっています。一方で、今年2月の青森県の有効求人倍率は0.55倍(青森労働局、全国平均は0.75倍)と、依然として厳しい雇用環境にあることから、求職中の方の農業関連分野への転換により、地域の農業関連産業を担う人材の育成が求められています。

この度、パソナが青森市から受託し実施する『農業魂プロジェクト』では、市内農家における実務研修を通じて基本的な農業知識や農作業技術を習得するほか、農業経営等に必要な知識を習得する座学研修を実施し、農業経営知識を有する新規就農人材を育成します。

また、『マルシェコーディネーター育成事業』を青森県から受託し、県内の道の駅等の施設で「OJT(販売実務研修)」を行うほか、マーケティングや人事労務、財務経理等の経営知識を学ぶ「OFF-JT(経営研修)」を実施し、青森県の地域密着型の流通販売拠点として重要な役割を担う道の駅等の施設と、その周辺地域の活性化を担う人材を育成します。

パソナは、これらの事業を通じて農業関連人材を育成し、青森県の農業とその周辺産業の発展、地域の活性化に貢献してまいります。

青森市『農業魂プロジェクト』概要

目的 地域農業の後継者不足の解消と、雇用環境の改善を図る
雇用期間 2012年5月7日(月) 以降随時~2013年2月28日(木)
募集対象 農業分野への就職に関心・意欲のある求職中の方 (定員14名)
内容
(1)「基礎研修」
(ビジネスマナーや農業時事等)
(2)「農業実務研修」
(農家・農業法人で農作業等)
(3)「座学研修」
(農業経営、営業、商品開発、マーケティング、労務、財務、食品安全、農業技術等)
特徴
・ 期間中はパソナの専任指導者が、実習や今後のキャリアに関する相談等のフォローアップを実施
・ 農業実習先である農業法人の経営者や従業員に対しても「座学研修」を実施することで、受け入れ体制の構築を支援するとともに経営力の向上を支援
問合せ先 パソナ・青森
電話番号 017-731-2805
備考 当事業はパソナ・青森が、青森市から受託し実施

青森県『マルシェコーディネーター育成事業』概要

目的 地域活性に必要なマネジメントスキルを身に付けたコーディネーター人材を育成する
雇用期間 2012年5月9日(水) 以降随時~2013年2月28日(木)
募集対象 下記条件のいずれかに当てはまる方で、求職中の方 (定員12名)
・東日本大震災の影響により失業した方
・青森県の魅力や特産物をPRしたい方
内容
(1) OJT (販売実務研修)
県内の道の駅や産直施設で接客、棚卸、集荷等の実務研修
(2) OFF-JT (経営研修)
経営、人事労務、財務経理、マーケティング、商品開発等の知識を学ぶ研修
(3) その他
韓国語研修、東京での商談会開催、販売士試験受験、等
特徴
・ 期間中はパソナの専任指導者が、実習や今後のキャリアに関する相談等のフォローアップを実施
・ 韓国人観光客に対応するための「韓国語研修」や、首都圏のバイヤー向けに東京で開催する「商談会」に参加する等、地域のニーズに即した人材を育成
問合せ先 パソナ・青森
電話番号 017-731-2805
備考 当事業はパソナ・青森が、青森市から受託し実施


報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる