Skip to main content

News&Topics

HR・就労支援

2012.02.22

神奈川県「電気自動車(EV)タクシー利用促進調査」
パソナ 2月25日から『EVタクシー臨時乗り場』設置

株式会社パソナ (本社:東京都千代田区、代表取締役会長CEO 南部靖之、www.pasona.co.jp) は、電気自動車(以下、「EV」) タクシーの認知度及び利用促進を図ると共に、EVタクシー運行における課題の解決方法を検証する『EVタクシー利用促進調査』を神奈川県から受託し、2011年12月から実施しています。
そしてこの度、『EVタクシー臨時乗り場』を2月25日(土)から横浜市みなとみらい地区と箱根町箱根湯本地区に週末のみ期間限定で設置し、当該地区の利用者に対してEVタクシーの認知向上を図るほか、今後の恒常的設置の可能性に向けた調査を行ってまいります。

神奈川県は、地球温暖化の防止や都市環境の改善、石油依存度の低減など環境・資源問題への対応として有効なEVの普及促進に取り組んでおり、その一環として、県内のタクシーをEV化することで、EVの更なる普及促進とCO2排出量の削減を目指す「かながわEVタクシープロジェクト」を推進しています。しかし、EVタクシーの県内導入台数は2011年11月末時点で37台と、タクシー全体に占める役割が非常に小さく、利用者の認知度の低さや乗車機会の少なさが課題となっています。

そこで、当事業では、兼松株式会社、株式会社システムオリジンと協力し、EVタクシーの利用促進調査や、EVタクシー専用乗り場の設置可能性を検証する意向調査等を実施してまいります。また事業の一環として、パソナは『EVタクシー臨時乗り場』を2月25日(土)から横浜市みなとみらい地区に、3月10日(土)から箱根町箱根湯本地区に設置いたします。

また、パソナは当事業実施にあたり、22名の求職者を新規雇用することで県内の雇用創出を図るほか、事業を通じてEVタクシーの本格普及と環境・資源問題の解決に貢献してまいります。


『EVタクシー利用促進調査委託業務』概要

目的 EVタクシーの利用者の認知度及び利用促進を図ると共に、運行における課題の解決方法を検証する
実施期間 2011年12月28日(水)~2012年3月30日(金)
内容
(1) 利用者の認知向上に向けた広報活動
チラシやポスターの配布、FM放送やソーシャルメディア (ツイッター) を通じた事業告知や利用体験の発信、専用ウェブサイトの開設、等
(2) EVタクシー利用促進調査
効率的な運行方法の検証、利用者に対するアンケート調査実施、等
(3) EVタクシー専用乗り場の設置可能性の意向調査
備考
・当事業はパソナが神奈川県から受託し、兼松株式会社ならびに株式会社システムオリジンと協力して実施
・当事業の実施にあたり、パソナが求職者22名を新規に雇用
問合せ先 パソナ・横浜
電話番号 045-314-2181

『EVタクシー臨時乗り場』について

目的 EVタクシーの認知向上と、乗り場の恒常的設置可能性の調査のため
日時場所
(1) 横浜市 みなとみらい地区 (パシフィコ横浜、横浜ランドマークタワー)
2月25日(土)、26日(日)
3月3日(土)、4日(日)  各日12:30~15:30
(2) 箱根町 箱根湯本地区 (湯本富士屋ホテル、箱根観光物産館)
3月10日(土)、11日(日)  各日9:00~12:00
備考 設置に合わせ、FMヨコハマで「臨時乗り場」設置に関するスポットCMや、DJによる体験試乗会レポートなどを放送
問合せ先 パソナ・横浜
電話番号 045-314-2181

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる