Skip to main content

News&Topics

HR・就労支援

2012.02.15

岐阜県の未就職者の就職支援 2月21日から説明会
パソナ『若年者地域雇用推進事業』

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役会長CEO 南部靖之、www.pasona.co.jp)は、岐阜県の未就職の若者を対象に、職業人として必要な基礎的知識を学び、早期の就職促進を図る『若年者地域雇用推進事業』を4月から開始いたします。
そして、同事業に参加する研修生を募集する「説明会」を2月21日から、岐阜市神田町で開催いたします。

今春、岐阜県で大学・短大を卒業する若者の就職内定率は59.0%となり(昨年11月末時点、岐阜労働局)、前年同期に比べて2.4ポイント上昇したものの、依然として厳しい状況にあります。一方で、新卒社員の採用に前向きでありながら、学生の認知度が低い中堅・中小企業など採用に至らない企業もあり、雇用のミスマッチが発生しています。

この度、パソナが岐阜県内の若者の雇用創出を目指し、岐阜県から受託した『若年者地域雇用推進事業』では、社会人として必要なコミュニケーション能力やビジネスマナー、基礎的なPCスキルなどを身につける「基礎研修」をはじめ、多様な職種の知識を学ぶ「応用研修」を実施するほか、約4ヶ月間にわたり岐阜県内企業にて営業や事務などの実務経験を積む「OJT研修」を実施いたします。

パソナは当事業を通じて、岐阜県の未就職の若者のキャリア形成を支援すると共に、岐阜県経済の発展に貢献する人材を育成してまいります。


『若年者地域雇用推進事業』説明会日程

日時 2月21日(火)、23日(木)、28日(火)
3月1日(木)、6日(火)、8日(木)、13日(火)、15日(木)
※いずれも10:00~11:00
開催場所 パソナ・岐阜 (岐阜市神田町9-27 大岐阜ビル5階)
募集人数 計45名程度
申込み先 パソナ・岐阜
電話番号 058-266-1069

『若年者地域雇用推進事業』概要

雇用期間 2012年4月1日 ~ 2012年9月30日
※研修は4月2日から開始し、同日に「入社式」を開催予定
対象
・ 高校・専門学校・短大・大学等を卒業後3年程度の未就職者のうち、40歳未満で正社員として働いたことがない方
・ 他の緊急雇用創出事業で雇用されていた場合、雇用期間が6ヶ月以内の方(本事業と通算した雇用期間が1年以内となる方)
募集人数 計45名程度
内容
(1) 合宿研修 (3日間)
就職マインドの向上と研修生同士の一体感を育む
(2) OFF-JT研修「基礎研修」 (4月~5月上旬)
「ビジネス基礎研修」「パソコン基礎研修」の2部門で構成され、ビジネスマナーやコミュニケーション能力、PC技術などを学ぶ
(3) OFF-JT研修「応用研修」 (5月上旬~5月末)
県内企業の訪問や、企業担当者による講演により、様々な職種の具体的業務内容を学び、職業選択の幅を広げる
(4) 企業OJT研修 (6月~9月末)
岐阜県内の企業で実務研修を実施するほか、期間中に集合研修を実施し、モチベーション向上や就業マインドの再構築を図る
(5) 就業サポート (10月~翌年3月末)
OJT研修終了後も、就職相談窓口による就職サポートを実施
特徴
・ 研修生をパソナが約6ヶ月間雇用し、期間中は規定に応じて給与を支給するほか、24時間365日対応の電話相談窓口によるメンタルサポートや、各種福利厚生サービスを提供
・ 企業OJT研修期間中は、パソナの担当者が職場実習先企業を定期的に訪問する等 円滑な研修実施のためのフォローアップを実施
その他 本事業はパソナ・岐阜が岐阜県から受託し運営

【参考】 2011年度事業について

パソナは、2011年度も『若年者地域雇用推進事業』を岐阜県から受託しております。事業を通じて、研修生からは「実際の会社で働く経験が積めて勉強になった」「企業と研修生の双方で、お互いに見極めることができて良い」「これまで知らなかった業界を知ることができた」などの意見をいただいております。


▲ 入社式の様子

▲ 研修の様子

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる