Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2012.02.06

「農業経営者学校 Chief Executive Farmer School」公開講座
パソナ『農業の6次産業化』セミナー 2月12日開催

株式会社パソナ (本社:東京都千代田区、代表取締役会長CEO 南部靖之、 www.pasona.co.jp/) は、「平成23年度広島県農業ビジネス経営力向上事業」を昨年6月に広島県から受託し、広島県で農業法人の幹部候補など農業経営に携わる方を対象に、経営感覚の高い農業経営者を育成する『農業経営者学校 Chief Executive Farmer School (CEFS) 』を実施して、これまで86名の方が参加されました。

そしてこの度、パソナは当事業の一環で、一般公開講座『これからの農業を見据えた6次産業化の取り組みについて』を2月12日(日) に開催いたします。当日は、株式会社永井農場 代表取締役 永井進氏を講師に招き、農業の6次産業化への取り組みの効果や課題について講演いたします。


公開講座 概要

名称 『これからの農業を見据えた6次産業化の取り組みについて』
日時 2012年2月12日(日) 13:30~16:00
場所 広島県民文化センター (鯉城会館) 5階 サファイア
(広島市中区大手町1-5-3)
対象 農業者、新規就農希望者、農業に興味のある方
定員 100名 (受講無料)
内容 農業の6次産業化の取り組み事例、6次産業化の効果や課題について
【講師】 株式会社永井農場 代表取締役 永井進 氏
※第40回 日本農業賞 大賞 (個別経営の部) 受賞
第50回 農林水産祭 天皇杯 (農産部門) 受賞
申込み先 パソナ・広島
電話番号 082-247-7551

【参考】「農業経営者学校 Chief Executive Farmer School (CEFS)」概要

今年6月から実施し、高い技術を持つものの組織経営や販路拡大等に課題を抱える集落法人や農事組合法人の従業員の方のほか、農業以外の業種から新規参入した事業者の方など、これまで延べ86名の方が参加されました。
参加者からは、「自身の経営改善に役立つ多くの情報が入手できた」「経営判断を下すうえでの考え方を学ぶことができた」「今後の目指すべき方向性を見出せた」などの声が寄せられています。

対象 広島県内で農業経営に携わる方、広島県内で新たに農業法人を立ち上げる方
内容 経営、マーケティング、人事労務、財務経理、営業等の研修と、成功した農業ビジネスを手掛ける経営者によるケーススタディ研修や事業プランの構築・発表を実施し、経営感覚の高い農業経営者を育成する
備考 当事業はパソナが広島県から受託し実施

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる