Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2012.01.30

パソナ『なら農業支援プロジェクト』開始
奈良県緊急雇用創出事業 2月1日に「入社式」を開催

株式会社パソナ (本社:東京都千代田区、代表取締役 南部靖之、 http://www.pasona.co.jp/) は、新規就農や農業分野への就職を希望する求職中の方を対象に、農業実践研修や座学の研修を実施し、農業経営人材を育成する『なら農業支援プロジェクト』を奈良県から受託し、2月1日から開始いたします。
そして同日、当事業の「入社式」を奈良県社会福祉総合センター (橿原市) で開催いたします。

奈良県の農業就業人口の平均年齢は68.7歳と全都道府県の中で9番目に高く (2010年農林業センサス)、農業生産者の高齢化と後継者不足が課題となっています。一方で、昨年11月の奈良県の有効求人倍率は0.63倍(奈良労働局)と、依然として厳しい雇用環境にあることから、求職中の方の農業分野への転換による農業後継者不足の解消と雇用環境の改善が求められています。

そこで、『なら農業支援プロジェクト』では、県内の農業法人等における「農業実践研修」を通じて農業知識や技術を習得するほか、農業経営等に必要な知識を習得する「農業経営研修」を実施いたします。
パソナは当事業を通じて農業経営人材を育成し、奈良県の農業の競争力の強化と、周辺産業も含めた地域の活性化に貢献してまいります。


『なら農業支援プロジェクト 入社式』概要

日時 2012年2月1日(水) 10:00~10:30
場所 奈良県社会福祉総合センター 5階研修室A
(橿原市大久保町320-11)
出席 研修生12名、奈良県ご担当者様、パソナ責任者
内容 奈良県ご担当者様挨拶、パソナ担当者挨拶、辞令交付、担当スタッフ紹介 等

『なら農業支援プロジェクト』概要

目的 農業経営人材を育成し、奈良県の農業の競争力強化と地域活性を図る
期間 2012年2月1日(水)~11月30日(金)
募集対象 農業分野への就職に関心・意欲のある求職中の方 (定員12名)
研修場所 奈良県内の農業法人、認定農業者 等
内容
(1) 「集合研修」
(約1週間/ビジネスマナー、農業基礎、マーケティング)
(2) 「農業実践研修」
(約10ヵ月/農業法人等で農作業、商品開発、加工、販売)
(3) 「農業経営研修」
(農業実践研修の期間中に週1回開催する集合研修/経営、マーケティング、営業、財務、経理)
特徴
・期間中はパソナの専任担当者が、実習内容や今後のキャリアに関する相談等のフォローアップを実施
・農業実習先である農業法人の経営者や従業員も参加できる「農業経営研修」を実施することで、受け入れ体制の構築と競争力の向上を支援
問合せ先 パソナ・奈良
電話番号 0742-24-1010
その他 当事業はパソナ・奈良が、奈良県から受託し実施

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる