Skip to main content

東京2020参画プログラム


日本の伝統文化を体験
和紙作り・折り紙体験イベントを実施

2019.04.02
文化

  日本の伝統文化を体験 和紙作り・折り紙体験イベントを実施

パソナグループの春休み子どもスクールでは、小学生1~6年生を対象に様々なキッズプログラムを提供しています。
今回は2日間のプログラムで、日本の伝統文化を学びます。
初日は、日本橋の和紙専門店を訪問し、紙漉き体験。初めて見る和紙の原料を前に興味津々でスタート。講師の方と一緒に、慣れない手つきながら、専用の木枠を使用して一生懸命に紙を漉き、完成まで辿り着きました。①漉く、②水分を吸い取る、③乾燥させる 3つの作業を行い、「和紙」の形ができあがっていく工程を楽しみました。完成した和紙は刻印をして記念に自宅へ持ち帰りました。


2日目は折り紙教室を開催し、デイサービス施設に訪問して子ども達による折り紙ボランティアを行いました。
折り紙教室では、春の季節に合わせ、日本の花「桜」に挑戦。桜の花びらに見立てた折り紙を1枚1枚丁寧に折り、5枚つなぎ合わせて完成です。
午前中に練習したこの「桜」の折り方を午後には、パソナグループが運営するデイサービス施設へ訪問し披露しました。子ども達は高齢者の方々とも直ぐに打ち解け、なごやかな時間を過ごすことができました。

一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.