Skip to main content

東京2020参画プログラム


サッカーを通じた交流イベントを開催

2019.07.13
スポーツ・健康

  サッカーを通じた交流イベントを開催

パソナグループのサッカーサークルを7月に設立。これを記念して、パソナグループ横断サッカー交流イベントを開催しました。知的障害者サッカーの世界選手権に日本代表として出場経験のあるパソナハートフルの選手、新入社員、元海外プロサッカー選手など、経験も年齢も様々な22名が参加。選手のお子さんも応援に駆け付けました。


梅雨空が続く中、当日は雨も降らずにサッカー日和。グループ会社の枠を超えて、経験者も未経験もランダムにチームを構成します。まずはパス練習でアイスブレイク。その後、お互いを鼓舞しながら、白熱した試合を繰り広げました。試合の合間には、子ども達と一緒にミニサッカーゲーム。試合の時の真剣な表情とは一変、選手の顔にも笑顔が浮かびます。
今回は、サッカーを通じて様々な人々が交流、楽しい時間を共有しました。今後も障害や経験の有無、年齢に関わらず、共にスポーツをプレーすることで相互を理解し、親睦を深める機会を提供します。

<日時>
2019年7月13日 (土) 10:00~12:00
<場所>
MIFA Football Park 豊洲
東京都江東区豊洲6-1-23










一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.