本文へスキップします。

東京2020参画プログラム


東京都の自然・生物を知ろう!
『横沢入ホタルの生態調査』を実施

2019.07.12
持続可能性

  東京都の自然・生物を知ろう! 『横沢入ホタルの生態調査』を実施

東京都の里山保全活動の一環で、横沢入里山管理市民協議会の皆様と里山に生息するホタルの生態調査を実施。横沢入里山管理市民協議会は、横沢入に多様な生物が生息できるよう、湿地整備や外来植物・生物の駆除活動などに取り組んでいます。
今回は、今の時期に見られる2種類のホタル、ゲンジボタルとヘイケボタルが、どこで、何匹発見できたかを調査。ホタルは何故光るのか、どのような環境であればホタルは生息できるのか等多くのことを学びながら1時間半かけてホタルを観察、数を記録します。


近年は里山に近い街の光が強くなり、以前ほどたくさんのホタルを見られなくなったそうですが、この日もホタルを見るために里山を訪れる人の姿がありました。東京都にも横沢入のように整備された里山があり、人の手で豊かな自然や多様な生物が守られていることを知り、改めて里山整備・保全活動の大切さを実感。今後も美しいホタルの光を守るため、里山保全活動や日頃のエコ活動に取り組み、人と自然の調和がとれた環境づくりに貢献します。

一覧に戻る

  • 東京2020オリンピックまであと
    DAYS
    to the Olympic Games Tokyo 2020

  • 東京2020パラリンピックまであと
    DAYS
    to the Tokyo 2020 Paralympic Games

© 2019 Pasona Group, Inc.