Skip to main content

東京2020参画プログラム


『ブラインドラン勉強会』を開催

2019.09.03
スポーツ・健康

  『ブラインドラン勉強会』を開催

パソナグループでは、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、誰もがスポーツを「する・観る・支える」社会の実現のために、様々なイベントを開催しています。今回は障害者スポーツへの理解を深めるために、元パラリンピックアスリートで、パソナグループで現在ヘルスキーパーとして活躍されている杉田好士郎さんを講師としてお招きし、『ブラインドラン勉強会』を実施。当日は11名の社員に参加いただきました。


ブラインドランでは、視覚に障害のあるブラインドランナーと一緒に走る”伴走者”が大切です。伴走者は、視覚障害者の目となり進む方向を伝え、障害物を避けて、二人三脚でサポートをします。安全に競技を実施するためにビブスとロープを用意。視覚障害者が走っていることを周りに知らせるためにビブスを着用。また、伴走者との歩数を合わせるためにロープを短めにして手に持ちます。伴走者が協力する上で、常にコミュニケーションをとりながら、お互いの信頼関係を築くことの大切さを学びました。


実際にアイマスクを付けてブラインドランを体験した方からは、伴走者からの指示がないときが不安で怖かったとの感想があり、障害者スポーツを実際に体験しながら、正しい知識を得ることができる有意義な時間となりました。東京2020パラリンピック競技大会を来年に控え、誰もが安心してスポーツを楽しむために、様々な機会を提供していきます。

<日時>
2019年9月3日(月) 12:00~13:00
<場所>
パソナグループ JOB HUB SQUARE TRAVEL HUB MIX
東京都千代田区大手町2-6-2

一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.