Skip to main content

東京2020参画プログラム


北海道胆振東部地震より1年
『北海道の地元食材を学ぶイベント』を開催

2019.09.11
復興

  北海道胆振東部地震より1年 『北海道の地元食材を学ぶイベント』を開催

2018年9月に北海道を襲った北海道胆振東部地震より1年が経過する時期に合わせて、パソナ・札幌では、復興支援として市電を貸し切り、北海道産の地元食材を学ぶイベントを開催。当日は、エキスパートスタッフの方々をはじめ約30名の方々に参加いただきました。
北海道の観光事業は、徐々に回復を遂げながらも震災発生前と比べるとまだ観光客は少ない状況が続いています。北海道の名産品を楽しみながら市内を電車で巡り、地域の方々とコミュニケーションをとりながら、北海道の魅力を再認識することができました。「去年の地震のときはこのあたり一帯も停電になって大変だったね。」と過去の記憶を振り返りながらも、前を向いて更に地域を盛り上げていきたいとポジティブな会話が飛び交っていました。震災の記憶の風化を防ぐためには、地域の方々と交流し、当時の想いを共有することが大切だと実感しました。今後も復興支援活動を継続してまいります。



<日時>
2019年9月11日(水) 19:00~20:00
<場所>
北海道札幌市中央区南4条西4丁目4

一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.