Skip to main content

東京2020参画プログラム


スポーツの秋!東海パソナグループ
『ボッチャやろうイベント』を開催

2019.10.29
スポーツ・健康

  スポーツの秋!東海パソナグループ 『ボッチャやろうイベント』を開催

パソナグループでは、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツを「する・観る・支える」ことのできる環境を整えることをテーマに様々なイベントを開催。パソナ・名駅では、毎月、東京2020オリンピック・パラリンピック競技種目を取り上げ、スポーツ大会を実施しています。10月はパラスポーツの「ボッチャ」。運動不足の方でも気軽に参加できるとあって、約50名の社員が集まり、「ボッチャ」を楽しみました。


イタリア語で「ボール」を意味するボッチャは、脳原性疾患による四肢麻痺など、比較的重い障害のある人のために考案されたパラリンピック特有の球技です。最初にジャックボールと呼ばれる白いボールを投げ、続いて赤と青の各6個のボールを投げたり、転がしたりして、目標となるジャックボールにいかに多くのボールを近づけるかを競います。


2~3名の社員でチームを組み、トーナメント形式で試合を実施。全員初めての体験でしたが、簡単なルール説明の後、チームごとに作戦会議を重ねながら、試合を進めます。自分のボールを近くに寄せるか、相手のボールを外に弾くのか、作戦を練りながら熱中する姿を見て、周りの見学するメンバーも熱く盛り上がります。この日は最大5点の高得点が出るなど、短時間にも関わらず白熱した試合が繰り広げられ、チームメンバーでハイタッチをしたり、大きなガッツポーズをしたりと、「ボッチャ」を通して、コミュニケーションを図ることができました。これからも誰もがスポーツを楽しめる機会を創り、スポーツを「する・観る・支える」ことのできる社会の実現を目指します。


<日時>
2019年10月29日(火)18:30~20:30
<場所>
パソナ・名駅
名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 46階

一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.