本文へスキップします。

東京2020参画プログラム


「アート村作品展 ~Pure Passion Power~」を開催

2019.11.12
文化

  「アート村作品展 ~Pure Passion Power~」を開催

左上:森田守「車椅子陸上競技」 右上:佐竹未有希「アーティスティックスイミング」
左下:早田龍輝「自転車競技」 右下:本田彩乃「新体操」

パソナハートフルは「才能に障害はない」をコンセプトに、就労が困難な障害者の"アート"(芸術活動)による就労分野の拡大を目指しています。現在は20名のアーティスト社員が、絵を描くことを職業として活躍しています。


今回の作品展のテーマは ~Pure Passion Power~。東京2020オリンピック・パラリンピックにちなんで、アスリートの絵、計25点が展示されています。知的障害をもったアーティスト社員たちが、既成概念にとらわれない自由な感性で描いた、個性豊かな絵が通路いっぱいに飾られました。


色鮮やかな色彩や、独特の表現方法が心を惹きつけます。アスリートの逞しい表情や隆々とした筋肉を、繊細かつ豪快なタッチで描いた、躍動感溢れる絵の前に多くの人々が足を止めました。

<日時>
2019年11月12日(火)~11月26日(火) 10:00~17:00
<場所>
羽田空港 第二ターミナル 星屑のステージ
<アート村ギャラリー>
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をテーマに、躍動するアスリートの情熱や、観客の熱い声援が沸き立つ風景などを描いた作品をご紹介
https://www.pasonagroup.co.jp/tokyo2020/gallery.html


左上:中垣真琴「走り幅跳び」 中央:岩本悠介「ノルディックスキー」 右上:友永太「柔道」
左下:田中正博「車椅子バスケットボール」 右下:南俊一郎「バスケットボール」 

一覧に戻る

© 2020 Pasona Group, Inc.