本文へスキップします。

東京2020参画プログラム


防災・減災に関する知識を習得する
『防災eラーニング研修』を開催

2020.02.25
街づくり

  防災・減災に関する知識を習得する 『防災eラーニング研修』を開催

パソナグループでは、いつ発生するか分からない多くの自然災害に備え、日頃の防災意識を高めることを目的に、2月25日(火)~2月28日(金)で、「防災Week2020」を開催しました。災害大国である日本。いざ災害が起こった際に、一人ひとりが自分、働く仲間やクライアント、スタッフの方々を守り、助け合うためにeラーニング研修で防災・減災に関する知識を学びました。
様々な災害から身を守るために、基本の3つの要素として、「自助」「共助」「公助」があります。それぞれの言葉の意味を確かめながら、日頃から意識できる防災・減災の知識をテスト形式で学んでいきます。
災害の被害予測に基づいて各自治体ごとに作成されるハザードマップや、災害の種類や被災した場所によって異なる避難場所・避難所に関する問題も出題。聞きなれた言葉ではありますが、正しい理解や活用の仕方を知らない方も意外と多いのではないでしょうか。
これからもパソナグループでは、日頃から社員一人ひとりの防災・減災に関する知識を高めるために情報を発信し、『自分ゴト』として災害に備えていきます。


<日時>
2020年2月25日(火)~2020年3月2日(月)
<対象>
パソナグループ各社 従業員

一覧に戻る

© 2020 Pasona Group, Inc.