本文へスキップします。

パソナ総研とは

PIフォーラム

社会のあり方の変革に向け、諸問題に対する解決策を提言。
所長 竹中 平蔵の直接企画により実施します。

これから社会が本質的にどうなるのか、我々がどうしていくのか、所長の竹中 平蔵が進行役となり、外部からお招きしたゲストスピーカーの方々、パソナ総合研究所のアドバイザリーボードやパソナグループの役職員が討論します。

「社会のあり方改革」に向け、2018年度のテーマは、大きく次の4つに分けています。

  • 働き方改革
  • 2020・観光
  • 地方創生・ベンチャー・規制改革
  • 世界経済・日本経済

活動概要

パソナ総合研究所の理念

パソナ総合研究所のビジョン

「社会の問題点を解決する」という理念を達成するために、幅広い分野の専門家の英知を結集する「場」としてのパソナ総合研究所。
以下の3つの理念の下に研究・提言・知的交流・情報発信などを行ないます。

Critical Thinking 分析的に考える
Creative Thinking 創造的に考える
Effective Communication 有効にコミュニケートする

パソナ総合研究所のコンセプト

英知が結集した、積極発信型プラットフォーム

パソナ総合研究所の特徴

パソナ総合研究所は、シンクタンクではなく“Do Tank”です。

考えるだけでなく、動きます。研究型でなく、積極的な発信型です。
独立型の研究所として、自らの問題意識を元に、社会のあり方の変革に向けた“発信”を行ないます。個別の問題から社会システムまであらゆる規模のトピックスを扱い、「社会の問題点を解決する」提言をして参ります。
なお、所長およびアドバイザリーボードの少人数のメンバーからなる運営委員会により、提言がまとめられます。

パソナ総合研究所 概要

代表者

所長 竹中 平蔵 (株式会社パソナグループ 取締役会長)

活動拠点

〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE