Skip to main content

東京2020参画プログラム


誰もが多様性を認め合い、輝ける社会を目指す
『障害者雇用支援セミナー』を開催

2019.04.16
教育

  誰もが多様性を認め合い、輝ける社会を目指す 『障害者雇用支援セミナー』を開催

パソナグループの特例子会社であるパソナハートフルは働きたいと願う障害者の方々の就労支援を積極的に行い、現在はグループ各社で510名を超える障害のある社員がイキイキと活躍しています。パソナハートフル設立から16年、これまで培ってきた障害者雇用における採用時の様々なノウハウを活かし、障害者雇用へ積極的に取り組む企業に向け「障害者雇用支援セミナー」を開催。約40名の企業担当者の方々が来場されました。
セミナーでは、採用時のポイントや担当業務の検討、定着支援方法に着目した講義を行った後、障害のある社員が働いている就業現場の見学会を行いました。知的障害の方は一般的に物事の判断が苦手と言われています。しかし、その特性は自己判断せず、必ず報告を行い指示を仰ぐことが「強み」とも言えます。このように、本人の障害特性を「強み」に変えることで、得意分野を活かした業務につくことができます。企業担当者の方々にとって、自社での担当業務創出や具体的な人材配置のイメージ作りができた有意義な時間となりました。

一覧に戻る

© 2021 Pasona Group, Inc.