本文へスキップします。

東京2020参画プログラム


アースデイに地球にイイことを考える
「わたしのエコアクション」を募集 vol.1

2020.05.20
街づくり

  アースデイに地球にイイことを考える 「わたしのエコアクション」を募集 vol.1

パソナグループでは毎年、全社で地球環境保全活動を推進するために、4月22日の「アースデイ」にちなんで様々な取り組みを行っています。今年は、自宅にいながらでもできる”地球環境に配慮した活動”(エコアクション)を社員、スタッフ、家族から募集。全国各地から約200件を超える応募があり、グループ全体で地球環境について考えるきっかけとなりました。今回は、中でも応募が多かった”エコアクション”について紹介します。
 

まず、1番多かった回答は「エコバックの利用」。続いて、「マイボトルの利用」や「節電」の回答が多く、簡単に取り組める活動としてたくさんの方々が取り組んでいるのが分かりました。
【実際の回答を一部紹介】
「エコバックを2つ活用しています。よく使うスーパーでは、レジ袋が1枚2円ということもあり、エコバックを使ってレジ袋削減をしています。デザインも良く、軽くて使いやすいので気に入っています!」
「常に水筒を持ち歩き、ペットボトルの飲み物を買わないように気をつけています。お気に入りのボトルで気分も上がりますし、飲み物を冷たく・暖かく保てるので、マイボトルを持ち歩くことは良いことしかありません!」
「在宅勤務が増える中で自宅での使用電気量が増えているので、可能な限り自然光を取り入れられるようにしたうえで電気を消している時間を増やしています。」


牛乳パックや肉・魚のトレイの再利用、ペットボトルキャップの回収などの回答も多数寄せられました。
【実際の回答を一部紹介】
「食品トレイ・牛乳パック・ペットボトルを洗ってバックにまとめ、週一回のペースで近くのスーパーマーケットのリサイクルに出しています。スーパーへ買い物に行くついでにリサイクルできますし、空になったバッグをそのままエコバックとしても使用できるので一石二鳥です!」
「ペットボトルのキャップは別で回収。住まいの回収場所に出しています。」

日本の年間のゴミの量から計算すると、国民1人あたり、毎日約900g~1kgのゴミを排出していると言われています。エコバックやマイボトルの利用、ゴミの分別や3Rを意識することなど、すぐにでもできることはたくさんあります。未来の地球環境を守るために、できることからすぐ始めてみませんか?

<日時>
2020年4月15日(水)~5月6日(水)
 

一覧に戻る

© 2020 Pasona Group, Inc.