本文へスキップします。

トップからのメッセージ



創業40周年を迎えて

パソナグループは、2月16日に創業40周年を迎えました。
これまで支えてくださった皆様方に心から感謝申し上げます。

今でこそ、女性の活躍機会を広げようと政府も企業も様々な取り組みを行っていますが、40年前を振り返ってみると、「女性は家で家事・子育てをしていればいい」とあからさまに言われる時代でした。また企業の人事制度は終身雇用・年功序列という、いわゆる“日本型雇用”が中心で、「男性は総合職、女性は一般職」という括りのもとで処遇格差は大きく、さらには正社員であったとしても企業規模によって給与をはじめ、教育研修や福利厚生、健康管理にも大きな開きがありました。
そこで、子育てをしながらでも、あるいは一度家庭に入ってブランクがあったとしても、すべての女性が正社員と遜色のない処遇で働くことができ、教育研修や健康診断も受けられる「雇用格差のない仕組み」としてスタートしたのが「テンポラリーワークシステム」でした。時間給は大手企業の女性社員の平均年収を1年間の労働時間で割って計算しました。一日4時間だけ働いても時間給は正社員と同じ、当時の派遣時間給はパート・アルバイトの2倍以上になりました。
また、雇用格差だけではなく、福利厚生の格差を無くすため、従業員が10人でも100人でも1万人の会社であっても、すなわち企業規模の大小や業種・地域に関わらず、大企業と同等の福利厚生を受けられる仕組みを創りました。

その後も、女子大生の就職支援や中高年・シニアの雇用創造をはじめ、多様な働き方を支援するために、企業内保育所、介護サービス、在宅勤務制度など、働きたいと願う誰もが安心して働くことができるセーフティネットを構築してまいりました。
そして近年、東北や淡路・京丹後などの地域活性化事業にも着手、さらには、地方創生を通して日本と世界を結ぶ新たな産業を起こし雇用創出に取り組んでいます。

「Do Tank Partner」として、パソナグループはこれからも「社会の問題点を解決する」という不変の企業理念を掲げ、私たちに関わる全ての人々や社会に寄り添いながら、新たなセーフティネットの構築に向け果敢に挑戦し続けてまいります。

株式会社パソナグループ
代表取締役グループ代表


 

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • 家ゴトコンシェルジュ
  • 南部靖之オフィシャルウェブサイト
  • パソナグループビル