本文へスキップします。

事業戦略2019年5月期 グループ重点戦略

2019年5月期は以下に重点をおいて取り組みます。

戦略Ⅰ産業構造の変化に対応する事業基盤の確立

  • 長期化している人材不足への対応としてIT化を軸にソリューションサービスの開発を推進していきます。
  • HRテックを中心に業務の自動化を行うRPAや人材のシェアリングを可能にするインフラの提供、人生100年時代を見据えたシニア事業を強化します。

戦略Ⅱ事業効率の推進と収益力強化

  • 各グループ会社におけるIT基盤の共通化やシステム統合を次期も引き続き推進します。
  • BPO事業では管理プラットフォームを構築。
    エキスパートサービスではAIを活用しビッグデータの分析によって業務の効率化を図ります。
  • キャリアソリューションでは顧客管理システム統合により情報の効率活用を図り、働く人々にとっての就労機会の拡大を目指します。

戦略Ⅲ地方創生事業の更なる推進

  • 淡路島、東北、京丹後などにおいてインバウンドに向けた取り組み、地域商社、シティプロモーション等、地方のブランド化を進めていきます。
  • 全国ではUIJターンなどによる移住促進事業の推進や地方自治体の行政事務代行の受託など強化していきます。
  • 人材誘致による雇用創造と地方に変革をもたらす人材育成に引き続き注力します。