Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2011.04.06

パソナ 農業の6次産業化を担う人材を育成/4月7日より募集説明会
広島県『農業バリューチェーン人材育成事業』開始

株式会社パソナ (本社:東京都千代田区、代表取締役 南部靖之、http://www.pasona.co.jp/) は、広島県で求職中の方を対象に、農産物の生産から販売までを一体的に捉えた商品開発や農業経営など、農業の6次産業化(※) を担うことのできる人材を育成する『農業バリューチェーン人材育成事業』を5月2日(月)から開始いたします。また、当事業に参加を希望する方の『募集説明会』を、4月7日(木)から広島県広島市で実施いたします。

「農林業センサス2010」(農林水産省)によると、2010年の全国の農業就業人口は260万人で、5年前に比べて75万人減少しており、農家の後継者や農業経営人材の育成が課題となっています。また、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加の是非をめぐる議論に象徴される農業分野のグローバル化により、2次産業や3次産業との連携等による農業生産物の付加価値向上や国内農業全体の国際競争力強化が求められています。

そこでこの度、パソナは『農業バリューチェーン人材育成事業』を広島県から受託し、5月2日(月)から事業を開始いたします。当事業では、社会人としての基礎知識や農業分野の時事知識を学ぶ「基礎研修」と、マーケティングや農作物加工について学ぶ「応用研修」を行うほか、県内の農業生産法人等の1次産業と、食品加工・小売・外食等の2次・3次産業の双方で「実務研修」を実施いたします。パソナは当事業を通じて、農業の6次産業化を担うことのできる人材を育成し、広島県の地域活性に貢献してまいります。

※6次産業化とは・・・農業などの1次産業が、経営の多角化や2次・3次産業との連携により、農作物の生産だけでなく、加工品の開発・生産や直販体制の構築、観光農園やレストランの経営などの事業展開を図ること。今年3月には「6次産業化法(地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律)」が施行され、農林漁業者を対象に、行政による支援を受けられる認定制度も開始。


広島県『農業バリューチェーン人材育成事業』概要

目的 農産物のバリューチェーン(購買物流、製造、出荷物流、販売、サービス提供)を一体的に捉えた商品開発や農業経営など、農業の6次産業化を担うことのできる人材の育成
雇用期間 2011年5月2日(月)~12月28日(水)
対象 求職中の方 (定員15名)
内容
(1) 基礎研修
(パソコンスキル、プレゼンテーションスキル、農業時事等)
(2) 応用研修
(「マーケティング・営業・経営コース」と「加工・食品安全コース」の2つから選択)
(3) 実務研修
(県内の農業生産法人、食品加工・小売・外食等の企業での実務研修)
問合せ先 パソナ・広島
電話番号 082-247-7551
その他 当事業はパソナが、広島県緊急雇用対策一般公募事業から受託し実施いたします

『募集説明会』概要

日時 4月 7日(木) 9:30~、13:15~、15:30~、18:00~
4月 8日(金) 9:30~、13:15~
4月12日(火) 9:30~、13:15~、15:30~、18:00~
4月15日(金) 9:30~、13:15~
場所 パソナ・広島 (広島市中区紙屋町1-1-17 広島MIDビル8階)

【ご参考】パソナグループの農業人材育成の取り組み

パソナグループは2003年より"農業分野"での雇用創出を目指し、他産業から農業分野に人材を流動化させ、農業人材を育成する新しい仕組みづくりを行ってまいりました。また、2010年度は広島県をはじめとする全国の地方自治体から約10件の農業人材育成事業を受託し、約250名の就農を支援いたしました。
パソナが広島県から受託し、昨年8月から実施した「ひろしま就農支援プロジェクト2010」には31名が参加し、約7割の方が農業分野への就業を達成するなど、大きな成果を挙げております。

現在、約30名の若者が農業を学ぶ、
兵庫県淡路島の「パソナチャレンジファーム」


 


報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる