Skip to main content

News&Topics

HR・就労支援

2011.03.24

パソナグループ 『2011年度 Lフェニックス事業』
大阪で有資格者の"職場復職"と"資格転換"を支援/3月28日開始

パソナグループは、資格や経験を持ちながら育児や転職等で現場を離れている方を対象にした復帰・資格転換支援プログラム『2011年度 L (エル) フェニックス事業 重点成長分野有資格者復帰訓練事業(以下、Lフェニックス事業)』を3月28日(月)から開始いたします。

大阪府の完全失業率は7.1% (昨年10月~12月、総務省「労働力調査」)となり、前期から改善したものの、全国平均 (4.8%) と比べて高い水準で推移しています。しかし、医療・介護や情報通信、金融・証券、観光などに関する有資格者や業務経験者の求人ニーズは高い水準にあり、資格によっては近接分野の有資格者からの転換も求められています。一方、上記分野の資格や経験を持ちながら長期間現場を離れている方は、最先端の専門知識などへの不安や、他の資格へ転換する学費が確保できない等の理由で、再就職が難しい状況にあります。

そこでパソナグループは『Lフェニックス事業』を大阪府から受託し、3月28日(月)から事業を開始いたします。

当事業では、医療・介護、情報通信、金融・証券、観光等の分野で資格や業務経験を持ちながら、出産や育児、転職等で現場から遠ざかっている方に対して、社会人としての基本を学ぶ「基礎研修」と、各職種の専門知識を習得する「専門研修」、また大阪府内企業・医療機関等での「実務研修」からなる"復帰・資格転換支援プログラム"を実施し、有資格者等の人材育成と就職支援を行ってまいります。


『Lフェニックス事業』概要

目的 有資格者等の職場復帰と資格転換を図り、人材が不足する企業等への就職を支援する
対象 下記の資格または業務経験を有し、満40歳未満で求職中の方 (合計84名)
分野 資格・業務経験 人数
医薬系職種 看護師、臨床検査技師、臨床工学技師、歯科技工士、等 10名
医薬系職種 薬剤師、医療情報担当者(MR)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA)、等 10名
介護系職種 介護福祉士、ケアマネージャー、精神保健福祉士、社会福祉士、等 20名
情報通信系
職種
基本情報技術者、情報処理活用能力検定、等 18名
金融・証券系
職種
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)、証券外務員二種、等 7名
観光系職種 旅行業務取扱管理者、等 7名
その他 営業 8名
その他 障がい者 4名
期間 2011年3月28日~2011年12月31日
研修内容 (1) 基礎研修(約4日間/ビジネスマナー、コミュニケーション等)
(2) 専門研修(約7日間~20日間/職種ごとの専門知識等)
(3) 実務研修(約3ヶ月~8ヶ月間/府内企業・医療機関等での実務研修)
特徴
・ 研修生をパソナの社員として雇用し、期間中は規定に応じて給与を支給
・ 実務研修中はパソナの専任担当者が企業を定期訪問し円滑な研修実施をサポート
・ 研修生に対する個別のキャリアカウンセリングを実施し、職場復帰と資格転換をサポート
その他 当事業は下記4社からなる「パソナグループ共同企業体」が大阪府から受託し実施
・株式会社パソナ
・株式会社パソナテック
・株式会社パソナソーシング
・株式会社メディカルアソシア
問合わせ 『OSAKA-Lフェニックスキャリアプロジェクト』
住所:大阪市中央区平野町4-2-16 日鉄御堂筋ビル2階
電話番号 06-6202-9880 (平日 9:00~17:30)

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる