Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2012.04.18

採れたて野菜をオフィスで販売『オフィス de マルシェ』
パソナ農援隊 都内企業で野菜の出張販売サービス開始

農業分野での人材育成事業等を展開する株式会社パソナ農援隊 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中康輔、www.pasona-nouentai.co.jp) は、首都圏の企業を中心に、オフィス内で野菜等の販売を行う『オフィス de マルシェ』を4月より開始いたします。また、当事業の第一段として、モバイルサービスの株式会社サイバードにて4月21日、22日に開催いたします。

『オフィス de マルシェ』では、パソナ農援隊が新規就農者の育成を行っている兵庫県淡路島で採れた新鮮野菜や、当社が加工及び販売しているドレッシング、バーニャカウダ等のオリジナル商品の販売を行ってまいります。
パソナ農援隊では、グループのネットワークを活かして、企業向けに従業員の福利厚生サービスとして『オフィス de マルシェ』を展開し、消費者に直接商品を販売する直販のルートを拡大して、新規就農者の新たな販売サポートを実施してまいります。


「オフィス de マルシェ」概要

開始 2012年4月から
内容

兵庫県淡路島の農家及びパソナチャレンジファームで採れた新鮮野菜や加工食品の販売イベント (マルシェ) の企画・運営

【商品事例】
野菜:たまねぎ、キャベツ、ブロッコリー、青ネギ、アイスプラント、ロメインレタス、サンチュ、ベビーリーフ、レモンなど
加工食品:バジルペースト、バジルドレッシング、バジル生パスタ、バジルコーンスープ、バジルバーニャカウダなど
※加工食品は全てパソナ農援隊が開発したものです
※取り扱い商品は季節により異なります
対象 首都圏の企業
問合せ先 株式会社パソナ農援隊
電話番号 03-6734-1260

 

パソナグループ 就農支援事業について

パソナグループではより多くの農業人材を育成し、継続的にサポートするために「株式会社パソナ農援隊」を昨年の12月に設立しました。パソナ農援隊では、農業経営人材育成や農業経営コンサルティングに加えて、生産する野菜の販売を行っています。今年2月には株式会社ABC Cooking Studioと連携し、パソナ農援隊が淡路島で展開する独立就農者を育成する農場"パソナチャレンジファーム"の新鮮野菜を使った料理教室を開催するなど、これまでWebサイトを中心に個人消費者向けにも野菜販売を展開しています。
パソナ農援隊は今後、「オフィス de マルシェ」を通じて年間都内企業100社に対して、同サービスを提供し、企業向けに野菜等を販売する直販を強化することで、新規就農者の販路拡大に努めるとともに、農業を通じた地域活性化に貢献することを目指してまいります。


【パソナチャレンジファーム in 淡路】
開始 2008年10月
参加者 30名
内容 本格的に就農、農業分野で起業したい人材を支援する農業ベンチャー支援制度。栽培技術だけではなく、実際の農業経営を学び、就農希望者一人ひとりが持つ得意分野を生かした独立就農者の育成及び農業関連会社の立ち上げを支援していく。

【会社概要】

株式会社パソナ農援隊
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-4
設立 2011年12月
資本金 100百万円
代表者 代表取締役社長 田中康輔
事業内容 1.「パソナチャレンジファーム」を通じた農産物の生産・加工・販売事業
2.第一次産業経営者や新規就農者等を対象にした農業関連研修事業
3.農業生産法人等への農業経営サポート人材の派遣・紹介事業
4.農業事業関連企業に対するコンサルティング、各種サポート事業
5.施設管理事業 (都市農園"アーバンファーム"運営、植物工場等)

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる