Skip to main content

News&Topics

CSR

2012.03.06

~ 被災児童70名によるオーケストラ演奏、福島県郡山市の小学校で開催~
3月11日 被災児童による「復興コンサート」開催

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、www.pasonagroup.co.jp)は、東日本大震災で被災した子供や避難して暮らす子供たちの心を癒すため、音楽活動を通じて心のケアを行う『パソナ・東北こどもオーケストラ』を昨年10月に福島県郡山市に設立し、2012年3月11日(日)に郡山市橘小学校にてコンサートを開催します。

パソナ・東北こどもオーケストラは、郡山市に滞在する小学校1年生から中学校2年生までの約70名の子供たちが活動しており、昨年10月から毎月1回練習に取り組んでまいりました。コンサート当日は、オンライン動画配信サービス「ユーストリーム」を通じ、全国にコンサートの様子を同時配信いたします。また、ザ・フェニックスホール(大阪市)で同日開催される「被災地支援コンサート」の会場と中継を結び、郡山から大阪へパソナ・東北こどもオーケストラの力強い演奏を贈るとともに、大阪から東日本へのエールとして、阪神淡路大震災の復興のシンボル曲として歌い継がれてきた「しあわせ運べるように」を少年少女合唱団の演奏で郡山へ贈ります。

コンサート開催にあたり、パソナグループ有志社員約20名がボランティアバスツアーで現地に入り、コンサートの運営をサポートします。
パソナグループではパソナ・東北こどもオーケストラの活動を通じて、音楽による子供たちの心のケアのほか、郡山市に避難して暮らす子供たちと地元の方々とのコミュニケーションを促し、安心して暮らせる地域の"コミュニティ再生"のお手伝いができればと願っております。


3月11日被災児童による復興コンサート
『パソナ・東北こどもオーケストラin郡山コンサート』 概要

日時 2012年3月11日(日) 開演14:15 (開場13:45) 
会場 郡山市立 橘小学校 体育館 (福島県郡山市堤下町4-4)
内容

パソナ・東北こどもオーケストラ in 郡山による演奏
(モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク第一楽章)ほか、
郡山女子短大音楽科、女子弦楽アンサンブルBloom Quartet & Ensemble、郡山ジュニアフィルハーモニーオーケストラ、パソナ ミュージックメイトによる演奏

 

入場料 無料
予約 不要
主催 パソナ 東北こどもオーケストラ事務局
協力 郡山ジュニアフィルハーモニーオーケストラ
女子弦楽アンサンブルBloom Quartet & Ensemble
パソナ ミュージックメイト/パソナ ア・テンポ
パソナ郡山/音楽空間SOLA
後援 郡山市教育委員
問合先 パソナグループ 東北こどもオーケストラ事務局
電話番号 03-6734-0231
※『パソナ・ミュージックメイト』…若手音楽家や芸術家の「仕事」と「音楽活動」の両立をサポートする事業

『パソナ・東北こどもオーケストラ』 概要

目的 音楽活動を通じた福島県郡山市の子ども達の心のケアと、コミュニティ再生を支援する。2012年3月11日に郡山市橘小学校でコンサートを開催することを目指し、子ども達は「3月11日を悲しい思い出の日ではなく、楽しい思い出の日に変えたい」という想いで練習に励んでいる。
設立 2011年10月
構成 郡山市内に在住・避難する小学校1年生から中学2年生までの子ども達 約70名
参加費 無料
練習会場 郡山市立 橘小学校
練習日 毎月1回
指導 (1) パソナ・ミュージックメイト 若手音楽家
(2) パソナ ア・テンポ  
(3) 女子弦楽合奏団ブルームクァルテット&アンサンブル
(音楽監督 南出 卓)
(4) 郡山ジュニアフィルハーモニーオーケストラ
(5) 土城温美
(心のケアのワークショップ指導)
後援 郡山市教育委員会
練習曲 アイネ・クライネ・ナハトムジーク/モーツァルト
問合せ先 パソナグループ 東北こどもオーケストラ事務局 
電話番号 03-6734-0231

 

報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる