Skip to main content

News&Topics

地域活性・農業

2013.05.13

全国からビジネスパーソンを募集 産業復興に取り組む地元企業で研修
パソナ 陸前高田の産業復興を担うリーダーを育成

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役会長CEO 南部靖之、www.pasona.co.jp)は、岩手県陸前高田市で、市内で東日本大震災からの再生・復興、産業振興に取り組む企業の中核・専門人材を育成する『平成25年度就労創出支援事業』を6月3日(月)から開始いたします。

東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた陸前高田市では、復興に向けた取り組みが途に就いたばかりです。今後の市内産業の復興のために、大都市圏を対象としたマーケティングのノウハウや接客、施行管理などの専門知識と、豊富なビジネススキルや経験を持ち、市内産業の復興を担うリーダーとなる人材が求められています。

そこで、パソナが陸前高田市から受託し6月から実施する『平成25年度就労創出支援事業』では、市の復興を担う意欲と志を持つ人材24名を募集し、コミュニケーションスキルやパソコンスキル、市内の主要産業等に関するOFF‐JT研修(講義形式研修)を実施すると共に、市内企業におけるOJT(職場実習)を実施いたします。

パソナは当事業を通じて、陸前高田市の未来を担う人材を育成し市内企業とマッチングを図ることで、同市の震災からの再生・復興、産業振興に貢献してまいります。

陸前高田市『平成25年度就労創出支援事業』概要

目的 東日本大震災からの再生・復興、産業振興に取り組む企業の中核・専門人材として活躍する人材の育成
対象 現在求職中で、陸前高田市で就職し復興を担う意欲を持ち、自動車通勤が可能な方
定員 24名
研修期間 2013年6月3日(月)~2014年2月28日(金)
研修内容 1. OFF‐JT(約1ヶ月間/コミュニケーション、パソコン、市内主要産業等)
2. OJT(約8ヶ月間/市内企業における職場実習)
特徴
・ パソナが最長で約9ヶ月間雇用し、規定に応じて給与と通勤手当を支給
・ 新たな産業の創出に向けた取り組みを行う企業をOJT受入企業として選定
・ OJT中は専任担当者が定期的に研修先企業を訪問するなど、円滑な研修実施に向けたフォローアップを実施
備考 本事業はパソナが岩手県陸前高田市の「緊急雇用創出事業」を受託し実施いたします
問合せ先 パソナ・盛岡
電話番号 019-621-5088

【ご参考】昨年度事業について

パソナは昨年度、当事業を受託し、市内産業の復興を担う人材の育成を行ってまいりました。昨年度は計22名の参加者のうち17名が市内企業に就職し、各社の中核人材として活躍しています。
当事業では、パソナのプロジェクト運営責任者が愛知県から陸前高田市近郊に移住して事業運営に当たったほか、地元企業や行政、NPOなどと連携し、地域に密着した支援を行ってきました。また、復興に向けて人材を募集している企業から、社長の想いや会社のビジョン、復興への貢献方法等、通常の求人票には記載されない部分を重点的にヒアリングし、研修生とのマッチングを実施することで、地域の雇用ミスマッチ問題の解決に取り組んできました。


【事例】きのこのSATO株式会社 安倍直之さん

震災当時、大手タイヤメーカーの営業担当者として山形県内で働いていた安倍さんは、祖母に会いに地元の陸前高田に帰る途中の国道45号線のトンネル内で大地震に遭遇。命に別状はなかったものの、津波が押し寄せる光景を目撃したうえ、実家も津波で失いました。

当事業には、昨年8月に応募。震災前から「いつかは故郷の役に立ちたい」と考えていましたが、震災から立ち直ろうとする故郷の姿が、安倍さんの思いを後押しすることになりました。

期間中は市内企業の「きのこのSATO株式会社」でOJT研修に参加。誰からも好かれる笑顔と人柄を持ち合わせた安倍さんは、その才能を活かし、研修期間中から東京をはじめとした全国の物産展などで自ら販売接客を行うなど精力的に活動。今年4月からは、きのこのSATOの社員となり、活躍しています。

今後の目標について、「肉厚で美味しい椎茸を、陸前高田の名物として全国に広めたい」と目を輝かせながら語ってくれました。



報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる