Skip to main content

News&Topics

経営

2013.05.01

パソナグループ 福祉介護・家事代行事業を行う新会社
『株式会社パソナライフケア』5月1日 事業開始

福祉介護・家事代行事業と介護人材の派遣・紹介事業を手掛ける株式会社パソナライフケア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋康之、www.pasona-lc.co.jp)は、株式会社パソナソーシングの当該事業を引き継ぎ、本日、5月1日より事業を開始いたしました。

高齢化の進行に伴って要介護者が増大し、介護保険費用の急増等が社会的問題となる中、要介護状態に至る前に運動機能の改善や認知症予防を図る「予防介護」の重要性が高まっています。
パソナグループではこれまで、人々の心豊かな生活を創造する「ライフプロデュース」を掲げ、パソナソーシングを通じて、介護人材の派遣・紹介サービスや介護保険サービスのほか、掃除・洗濯・料理等の家事を代行する「家ゴトConcierge(コンシェルジュ)」などのサービスを提供してまいりました。従来からの介護サービスのみならず、健康的な食事、レクリエーション、フラワーアレンジメント・茶道・華道などの多彩な教室、筋肉を再活性化するための運動プログラム「パワーリハビリテーション」などの独自サービスを提供して、利用者の身体機能改善や意欲向上を図り、活気あるシルバーライフを支援しています。

この度、5月1日より当該事業をパソナソーシングから移管し、パソナライフケアが事業を開始いたしました。パソナライフケアは、福祉介護・家事代行領域の専門会社として今後の更なる介護・予防介護の需要拡大や、日常生活のサポートなどサービス拡大に対応し、介護事業所の増設や予防介護専門施設の開設、人員拡充等を視野に入れて事業を運営し、シルバー層の心豊かな生活の創造に貢献してまいります。

会社概要

株式会社パソナライフケア
東京本部 東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル
設立 2013年2月8日
※2013年5月1日をもって、株式会社パソナソーシングで行っている福祉介護・家事代行関連事業は、株式会社パソナライフケアに移管。
資本金 100百万円(株式会社パソナグループ100%出資)
代表者 代表取締役社長 髙橋康之
事業内容 訪問介護・居宅介護支援・通所介護等のケアサービス事業、家事代行事業、介護有資格者の派遣・紹介事業、介護人材の育成事業
代表番号 電話番号 03-6832-3001
※2013年5月13日以降は 03-3215-0301

パソナライフケア 事業概要

【ケアサービス事業】
訪問介護、居宅介護支援、通所介護等の事業所運営を手掛けています。地域に密着したサービスを展開し、その地域に暮らす方々がどのような状況にあっても安心して生活できるよう支援することで、社会福祉へ貢献しています。現在、東京都、茨城県、千葉県、和歌山県、兵庫県、福岡県の6都県にて、27事業所(2013年5月1日時点)を運営しています。

【家事代行事業】
東京と大阪に拠点を設け、掃除や洗濯、料理などの家事代行と、夜間見守りや外出付き添いなどシニア向けサービスを提供する『家ゴトConcierge(イエゴトコンシェルジュ)』サービスを展開しています。共働き家庭やシニア層と、その家族の身の回りの要望にオーダーメイドで対応することで、ワークライフバランスの促進や、ゆとりある生活と豊かな人生の実現に貢献しています。

【派遣・紹介事業】
介護施設等を対象に、ケアワーカー、ケアマネージャー等の介護有資格者の派遣・紹介事業を展開しています。介護関連資格の取得支援等、介護人材の育成事業も行っており、介護人材のキャリア形成を支援しています。


▲介護施設の様子(和歌山県)

▲家ゴトConciergeイメージ
 




報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる