本文へスキップします。

メッセージ

南部 靖之
株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表

パソナグループは創業以来、「社会の問題点を解決する」という不変の企業理念のもと、誰もが自由に好きな仕事を選択でき、それぞれのライフスタイルにあわせた働き方のできる社会の実現を目指して、様々な挑戦をしてきました。

1976年、子育てを終えた女性の再就職を応援したいという想いからインディペンデント・ワークシステム(人材派遣)をスタート。その後も中高年や若者、障害のある方など、多様な人材がそれぞれの才能・能力を活かして柔軟に働くことができる社会インフラを構築してきました。
さらに、日本初の「企業内保育所」の運営、内外価格差の是正を目指した「流通機構改革」の提案、大企業と中小企業の格差にメスを入れた「福利厚生のアウトソーシング」、自由な転職を促進する年金制度「401k」など、今では当たり前となっている様々な制度・仕組み創りに社会に先駆けて取り組んできました。

「パソナ総合研究所」は、シンクタンク(Think Tank)ではなく、自ら行動するドゥタンク(Do Tank)です。私たちの企業理念にもとづき、社内外の英知を結集して活発に議論し、真に豊かな新しい社会のあり方、世界や日本の未来の姿を社会に提言してまいります。
そして、そのアイデアを机上のプランで終わらせるのではなく、信念にもとづき実際に行動することで、新たな仲間や情報が集まり、アイデアに生命が吹き込まれる。「パソナ総合研究所」は、そのようなドゥタンク集団として、「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと、社会に貢献してまいります。
皆様のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

竹中 平蔵
パソナ総合研究所 所長
(株式会社パソナグループ 取締役会長)

私たちは、変化が速く予測困難な時代に生きています。従来の政治経済秩序が揺らいでいます。
一方で、新たな産業が次々と生まれ、私たちの社会生活を変えようとしています。 厳しい時代ですが、チャンスの時代でもあります。

これからの社会の針路はどうなるのか、どうあるべきか。そして、私たちはどう生きていけばよいのか。この難しい課題に向き合っていかなければなりません。

パソナ総合研究所のミッションは、社会をより良くする積極的な発信を行なうことです。

パソナグループが掲げる「社会の問題点を解決する」という企業理念に沿って、働き方改革・人材育成分野をはじめ、パソナグループが取り組む、ベンチャー・規制改革、地方創生・インバウンド、世界経済・国際問題等の幅広いグローカルな課題について、幅広い分野の専門家の英知を結集し議論し、そこから生まれる提言を積極的に発信していきます。

皆さんと一緒に、激動の時代を生き抜くイノベイティブな場を創って参りたいと思います。